2006年02月17日

海は見てません、まだ

到着早々、おかみさんに言われた。

「じゃあ、今日から入れる?」

仕事で使うスカートも、すね毛をそるための剃刀も、荷物を置いてから買いに行くつもりだった。

どうやら相当な人手不足とみた。

スカートとエプロンは借り物で、ミーティングでの自己紹介のひとつもせぬまま、着替えて化粧して、もりもり働いてきたさ。

え、すね毛?
無論そのままさ。

どんな仕事もだけど、仲居はとくにはじめの10日がしんどいはずが、そんなの思い出す余裕もないほど、ふつーうに働いた。

そもそも初日から部屋出し(夕食の)をさせていただくなんざ、まずありえないことだしな。

客室の窓からは、夜の海がみえました。真っ暗だったけど。
posted by 杜美 at 04:43| 宮城 ☁| びっくり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

かしこい娘

image/sonohi-2005-10-01T16:51:40-2.jpg
 
さあ、10月です もうおしまいであろう朝顔に したたるは秋の露
 

 
近所の八百屋で 立派な大根を買うべくレジに並んでたら
おばちゃんに「どうやってたべるの、お嬢さん」と声をかけられた
 
鶏肉と煮付けようと思って、と答えたらば
「あらー、かしこい娘さんだこと〜」とほめられた
 
賢くありたいと、思ってはいるんだけどね
実際のところはなんとも言えんね
  
* 
 
夜ごはんを出前にいったらば
ささいな言葉のやりとりが原因でへそを曲げられ 
 
「おまえのつくっためしなんて、もうぜったいたべない」
 
うわ、こんなこと言われたのはじめてだなあと
わたしは淡々とびっくりしちまったのだった

でもどう反応すればいいかまったくもって見当もつかぬもんだから
その場から動けなくて固まった 地蔵のように
 
すったもんだ言い合った挙句 結局はテレビをみながら一緒にたべた
 
汁物は「美味しんぼ」に載ってた わかめとにんにくのスープ

牛脂でにんにくをこんがり炒めて 鳥ガラスープを煮立てて
わかめとごま油いれて、塩こしょうで味をととのえたやつ
 
中華スープだな と感想をもらしたかと思えば
「よし、味噌いれて みそ汁にしよう」と提案される

スープの鍋にマルコメみそをどっさり溶いてやった
 

 
ひさしぶりに、仙台朝市へ
 
野菜をどっさり かつおの半身を買ってきた
これから かつおに粉をはたいて マリネをつくるつもり
 
いなくなったあとも「あれ、うまかった」って唾がじわっと出るような
おいしいごはんをつくって 記憶に刻んでやろう
言われっぱなしじゃくやしすぎる そういうのはしつこく忘れずにいる
 

 
木曜日の晩 仕事の帰り道 「ベルセルク」の新刊を
市民病院のとこのファミリーマートで立ち読みした

ああ、やっぱおもしろいなあ
はやく全巻そろえたいもんだよ
 
ファルネーゼのお母様のことばが とっても響いた
 
posted by 杜美 at 16:56| 宮城 ☔| Comment(9) | TrackBack(2) | びっくり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

夕暮通信、野菜の連鎖

image/sonohi-2005-08-26T19:59:40-2.jpg
 
ひさしぶりに図書館に行こうと準備していたときに 
あかりちゃんからメールが届いた
 
なんの言葉も添えられていなくて、この画像だけ添付されておった
 
いっしょにおったらば
ふたりして大さわぎできたのにな 
 
そのむかし わたしが実家の車を運転してたときにな
「ぞろ目だわさ!」と騒いでも だれも相手にしてくれなかったから
 
 
それから今日は おそろしいものを、みました わたし
 
まずは ごみがつまりすぎて ついにはふたが閉まらなくなった掃除機
(あんまり吸わないなあと思って確認してみたら…)
 
そしてもひとつは ちるにーさんのブログで紹介されてあった記事
 
アジアの安全な食べ物:中国の七色に輝く河川と食品
 
おそろしきかな、中国…
 
世の風潮として北朝鮮ばかりやり玉にあげられてるけど 
わたし自身は足を踏み入れたことがない国だけど
 
この記事の画像のリンクを ひとりで見る勇気がどうしてもなくて 
別室にいた妹・ことらを大声で呼んで 一緒にみてもらったさ
 
七色に澱んだ川の色や 奇形のお魚や家畜
枯草に着色して緑化をさけぶ
 
どうなってんですか このまま、どうすることもできないんですか
 
土と、水と、陽光と空気の恵みによって育った野菜や動物を
ひとが口にすることで 血や骨や精神をつくられる
 
その連鎖を考えると、きもちがふさがってしまう
 
どうか、全国・全世界の
たべものを売る立場にあるお店の方々
 
中国産の売り物の値札のわきには、あの画像を貼ってください
 
わたしたち購入者の多くは、知らないのです 
でも 知らなかったでは、すまないことだと思うのです
 
うちの実家は 畑と田んぼをやっているので
つくってる野菜は買わずにすんでいたけど
仙台に住んでるいまはそうもいかない
 
スーパーや八百屋や 朝市で選んで購入するのだけれど
昔っから、母・ふくちゃんから「中国産は買うな」と言われて育ったため
必要な野菜が国産しかなくて しかもそれが高かったらば
はじめからなかったものとして その場を素通りする 
 
中国産のなにがどう悪いかなんて 知りもしなかった
わたしが避けていたのは もう単なるくせだった 
 
これから実家に電話をしよう

ふくちゃんに、どうもありがとうと
ひとことお礼を言うために
 
選ぶことは、次の世代を守ることにつながるんだな
posted by 杜美 at 21:04| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | びっくり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

地震一過、壊れもの

image/sonohi-2005-08-17T17:59:48-3.jpg
 
↑玄関からつづく廊下から台所、茶の間までは通行止め状態
 
我が家に帰ってきたのは、何日ぶりだ
土曜日の昼すぎからだから、4日とちょっとか
 
覚悟はしてたがこれまでとはなあ

そもそも冷蔵庫から棚から、作業台から 茶の間のパソコンから
家具から家電からなにからなにまで 30センチ前進しとる
 
image/sonohi-2005-08-17T17:59:48-2.jpg
 
↑棚のラックの上にならべていたグラスや、棚の器は半壊
 
高校の修学旅行で買った清水焼の茶碗もこなごな
使いかってがよかったまあるいお盆まで なぜかぱっきり割れている
 
image/sonohi-2005-08-17T17:59:48-4.jpg
 
↑圧巻なのが茶の間のテレビ ごろんとひっくりかえってる
 
パソコンは茶だんすの上に置いてあるんだけど、無事だった
たんすの足に車がついてるから 建物と同化して揺れてたんだろう
でも破片が飛んで座る場所がないので
スリッパはいたままつま先立ちでキーを打ってるところ
 
 
こういっちゃあなんだがよ
わたしの身内のなかでは我が家がいちばん被害がでかいぞ
なんでだ このマンションの耐震性か それとも地盤の問題か?
 
片す気力がわいてこないので、今日のところはよそのいえに逃避しよう
明日になったら 窓を全開にして ひとつずつ 片付けよう
 
それから
 
いつなにがあっても悔いはないように
会いたいひとには会っておこう
したいことはしておこう
 
言うべきことも、言っておこう
 
posted by 杜美 at 18:22| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | びっくり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

穴から栄養

ごめんなさい、本日も写真なし 
 
あたらしき携帯電話について

なんちゅうば、反応がとっても遅いかんじがする 前のにくらべて
これは操作になれていないとかの問題じゃないようだ
ボタン(キー)押してからその命令が反映されるまでが、ふた呼吸ほどずれる

いずすぎるってばよ もっとがんばってくれ、Kセラさん
そりゃ、使ってるうちにだんだん馴染んでいくんだろうってのはわかるけど
いまはとてもじゃないけど ちまちまメールなんて打てないわ
 
 
オークションについて
 
ついにどっぷり膝下くらいまでつかったとみていいだろう、ヤフオクである
 
長いこと 「はまったら抜けられなくなると推測されるもの」として、
わたしがつねに掲げていたのが ロールプレイングゲーム・釣り・オークション

もとはといえばしゅうちゃんに頼まれたのがきっかけではあったが、
ちらほら自分がほしかったものにつばを付けはじめ
たったひとりで戦い始めたのはいい
 
 
さっきヤフオク初心者には まったくもって不可解なことが起こった

数日前から入札してて ほんの数分前までひとり旅状態が続いてた品があって
うれしいなあ、うっひっひ とさ にまにましてたら落札直前で強敵現る
まずひとり そして手強いく粘るもうひとり

んで、何度か落札価格を競って上げてくでしょ
わたしが「その時点での最高落札者」に晴れて就任するたびに
終了時刻が先延ばしになってくのだ 5分とか 10分とかずつね

どんどん遠慮なく 勝手きままに加算されてくとしか思えない

これってオークションではあたりまえのことなのか?
時間ぎりぎりに粘ってるのに 次々と終わりが遠のくんだもの
なんなんだよ、いったい 乳酸がどっと分泌されて、必要以上に疲れたっつうの

今夜はみっつ、落札したいのがあって
ひとつはあまりにも高値がつきすぎて早々と戦線離脱し
のこりがほんの1、2分の差で終了時刻が設定されており、気が気じゃなかったわ
 
 
余談になりますけども
物や人をめぐって 誰かと取り合うという気力体力ってのは
長子(長男長女)にはもともとの保持量が絶対的に少ない気がするんだ

はじめから あきらめる癖が染み付いてしまってるでしょ
「おねえちゃんなんだから」 まるで呪いのような、このことば

だから昨夜終了のオークションにしたって
仕事から帰ってきてから落札価格が上がってるの見て
ああ、もういいや って あっさりあきらめたさ

戦って 負けをみるのがいやだから

断られるまえに、断りたくなる
逃げられるまえに、逃げたくてたまらなくなる

今日はことらがお泊りなので めずらしく家にひとりでいる
雨が降ってきたので 買物にいけず
たくさんあった牛乳と根菜でシチューをつくり「瑠璃の島」をみながらたべた

竹野内豊さんの声、すきなんだよねえ
あの空気をほどよくふくんだ、奥行き あったか味のある余韻

人間性は顔(人相)に出るのは確実と思うけど 声は生まれ持ったものだしな

わたしが長電話する相手は まず決まって だいすきな声の持ち主ばかり
耳の穴かっぽじって そこから栄養も、うかれ気分もとりこむのだよ
 
 
いつも
いつも
どうもありがとう
 
 
ではまたあした
posted by 杜美 at 00:52| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | びっくり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

失われたはずのもの

昨夜 ミスドのシェイク買って 蜜ちゃんちに遊びに行った
 
どうも携帯電話の調子がおかしい
画面が白抜き状態で、なんも見えないのだ
夏の日に 物陰から突然直射日光浴びたときみたく まぶしくて
 
いったんぱちんと閉めたら直るかな⇒お、よしよし⇒あら、まただめだ
 
今日になってからは復旧の気配も感じられず
メールを打つのも電話番号を呼び出すのも不便極まりない
データフォルダに入った画像を、ひとに見せることもまったくできない始末
 
auショップに行ったらば、修理に5千円以上かかるといわれる
悩んだ結果 すっぱり機種変更をすることにした

最近わたしはデジカメを全く使ってなくて、もったいないからひとに貸し出し中
いままでの電話は38万画素ほどだったのに、なかなかきれいに撮れたので
じゃあ今回は100万くらいのにしてカメラ代わりに使うか
 
ということで、白くてつるんとしたやつを選ぶ しかもWIN

ほとんどそのひ帳の写真用にしかメールを使っていないわたしに、
果たしてパケット定額制が必要なのだろうか?
しかもこれまであっても使わない機能のFMラジオ、これがまたもやついてくる

そしておそろしいことに、前の電話のデータをうつしてもらったらば
きれいさっぱり消去していたはずの画像なんかまで、ご丁寧に落としてあるわけよ!

なんでだ 消したはずなのに 失われたはずだったのに
二度とみることもなかったろうになあ

というもののオンパレードである
酔っ払いの息のように、まとわりついて離れやしない
 
めんこい酔っぱらいはむしろすきだけども
調子ぶっこいて勘ちがいする酔っぱらいは 酒など飲まないでおくれ
 
 
おいしい肴で たのしいお酒をたのしもうぞ
 
 
またあした
 
posted by 杜美 at 01:00| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | びっくり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

夕暮れ事件簿

image/sonohi-2005-05-20T11:09:54-1.jpg

またあとで、と書いておきながら こたつで寝てしまいました

おとんにパソコンのことで聞きたいことがあって実家へ電話かけたらば
ふくちゃんに「あらー すずきしまお、見てないの?」と言われる
どうやら ドラマの「恋におちたら」鑑賞会のじゃましたらしい ごめん

昨夜はおとといの分のそのひ帳の追記と
電話(実家・お友だち・来週のお約束の確認)すること以外
わたしはほとんどなにもしなかった

できなかったのだ それどころではなかったのだ
 

ひさしぶりに晴れ晴れとした皐月の空には 青と白のコントラスト
車で移動中 目に映るのは さえざえとした新緑の木々よ

ああ、嵯峨立の山は さぞや色濃く芽吹いてるだろうなあと思いながら
わたしは仕事先へ向かったよ 実家でもないのに気持ちがとんでたよ
たけおじいちゃん、つよみばばちゃん お元気ですか)

仕事を終えて 仙台に帰る時間には
西の空はオレンジいろに 東の空は薄桃いろに それぞれ暮れかけていて

わたしはとても気分がよかった
しっかり働いて こんな夕暮れ見物できて
おやつをぼりぼりしながら移動できるなんて おお、すばらしい

  
ところがそこへ不意に放たれたボールがひとつ!
まさかそんなとっから隠し玉が! 変化球が! 魔球が!


前回もふれたけど、わたしは必要以上にうかれる習性がある
ようするに 常日ごろから感情の満ち引きが「細かく、多く」な体質なのだ

だからめったに大きい揺れを感知することはない

身内以外に怒ったり 感情ぶつけたりできない
(皿あらいながら泣いたくらいか でもあれも身内がらみだしな)

なぜかっちゅうと 自分が消耗するのが目に見えているからだ
自家中毒でげろげろ吐きまくる子供が 開き直って育つとこういう予防法を編み出す

ふり返れば なんと摩擦の少ない生活が続いていたことか

映画「ダンテズ・ピーク」のなかでもよ
噴火の前兆を調査に来てた地質学者(火山のプロ)たちだって
1週間 その山について調べているうちに 小さな小さな変化に慣れてしまった
気づくのが遅くて 噴火の予報を出すタイミングを逃してしまった

歳を重ねて とりあえず世間的には大人になって
車に乗ってぶーんと どこまでだっていけるし
電話だって携帯があるから いつだってお手軽に連絡とれるようになって
エロエロばなしだって ほかの会話にするっと紛れさすことも簡単で
 

淡々と続くかのように思われたわたしの日常に とんだ事態が起きやがった
 

それにしてもどうしてこんなに疲れるのだろう
ため息ひとつつくだけでも カロリー消費量が倍に感じる
千本ノック状態が、ひと晩寝て起きたいまも まだ色濃く残るありさま

どうしてくれよう 勘弁しておくんなさい

中学のころにおんなじ部活のおにいちゃんがすきで
一喜一憂していたときとは状況がまるでちがう

長電話に目を光らせる親もいない
携帯電話ってもんがあって お手軽・気楽に連絡をとることができる
個人ごとにラインが確保されているのだ いつだって

会いたいなら会えばいいけど
会いたくなかったら2度と会わないことだって選べる

なんなの この便利さと、不便さと
 
 
こたつ上の 昨夜のたべかけのえびかつクッペ(仙台駅の改札のなかのパン屋の)
干からびた残りの半分をたべながら「かの人や月」を読んでたら
日光浴中のお友だちから電話があった

冒頭の写真は 昨日のお空と わたしの脇役魂を揺さぶる名を記した看板

移動中にね みっけたのよ あんま見えないけど「千秋」です
電話越しにわたしの無様な混乱ぶりを げらげら笑い飛ばしてくれたお礼にね
見てもらいたかったのです どうしても


image/sonohi-2005-05-20T11:09:54-2.jpg
 
そしてこれは その電話中 火をかけたのをわすれてた おなべの様子
ことらが炊飯に失敗したごはんをおかゆに炊き直してたの
なんですか、このぴんぴんの角は
ああ、びっくりした

 
 
クラッシュインアントワープの「戦ぎの手紙」をエンドレスでかけて
そうじ洗濯にいそしむ 5月の昼下がり
 
 
またあした
 
 
けいじばん
posted by 杜美 at 12:46| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | びっくり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

迷うことなく

image/sonohi-2005-05-13T07:22:56-1.jpg
 
寒々しい雨ふりの朝、地下鉄向かう道すがらミニストップに寄って
今日発売の別マを読み「焼きツナチーズおにぎり」を買う
…つもりだったが、もうなかった 季節のメニューだったのか?

ミニストップのすきなメニューとは こうして突然の別れをもたらされる

エビカツバーガーもパニーニにとってかわられてしまったし
止めてるテープに「エ ビ エ ビ」と印字されてるのがめんこくてさ
いつもそのひ帳に貼っておいたのになあ 復活希望

わたしがコンビニエンスストアで迷わず買うもの
季節問わず、唯一 見れば即 手にとるもの
それは それは 「新発売のカップ塩焼きそば」です

売ってたの マルちゃんマークつきのやつ!
「コク塩ソースがうまい!」らしい

朝っぱらから空腹だと ささやかな喜びが全身に染み渡るね

地下鉄に乗ったらまだ6時半すぎだってのに おそろしく混んでいてびっくり
雨だからなのかな 仙台に着いたとたん、みなさん降りられたけど
いきなり車両の端からはしまで しっかり見通しがよくなった

改札では 切符をしっかりと左手に持ってたのにもかかわらず
何を血迷ったか「あ、鍵出さなきゃ」とあわてて鞄から部屋の鍵を取り出し
それを右手で改札に入れようとしてしまった

かろうじてその寸前ではっと我に返り 切符を右手に持ちかえ無事通る

こんなことをしたのは さすがにはじめてだ
なんでだろう 寝ぼけてたんだろうか

でもあのときほんとうに あ、鍵なくちゃ通れない と思ってたの


今日は わたしのめしの師匠が はるばる遊びにいらっしゃる
おそうじして すこし寝て お出迎えいたしましょう

そのまえに マルちゃんの塩やきそば いただこう

 
では(たぶん)また今夜
 
 
けいじばん

*おまけ* 
まあ、めざまし週末占い やぎ座最下位ですって〜
大きな川に行くといらしい …四万十川? それとも広瀬川?
 
posted by 杜美 at 08:00| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | びっくり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

魔物とたまごやき

image/sonohi-2005-04-30T20:05:08-1.jpg
 
たまごやきを焼きました パセリははんぶんだけ
 
 
さっき 台所で信じられないものをみた

焼きたてほやほやのたまごやきに ぱらぱらパセリをふってみたわけ
やっぱいろどりって大事だべっちゃ? 黄色と緑とね

が、しかし 妹ことらはこの緑の葉っぱがきらいだという

「あ、いらないや」

といって、その手でまるで虫でも払いのけるかのように
この子はたまご焼きの表面を手のひらでざざっと撫でやがった!

怒るのかるーくとびこして姉は呆然としたけれど
ひさしぶりに焼いたわりにはおいしかったから、まあよしとする

ポットから直接水注いだらじょーっと入りすぎてさあ
茶碗むしに変更するか迷ったんだよね ああ、もりみった

いっしょにごはんをたべられるのが、同居のいいところ
ひとりで作ってたべても おいしいってだあれも言ってくれないもんな

りがとう
としい
れしい
いよう
いしい

うきうきことばの「あいうえお」でございます


それはそうと、スタイルシート(ブログの成分表みたいの)は魔物です

こたつの季節がようやく終わりを告げようとしてるのに
わたしはまた魔物にがぶっと食われてる

そもそもわたしのパソコン系の知識はほとんどないといってよい
ワードやエクセルもまったく使えんしな
ネットで検索、ちと調べもんして メールをささっとやりとりするくらい

このそのひ帳もいくつかのデザインから選んだけど
そのままだと読みにくいからさ もらいもんの本をぱらっと読んで
横文字の羅列とにらめっこしつつ、ちまちまいじってるので効率悪いのね

あっちもこっちも気になると止まらんのよ めしも食わないでやる
でもさっぱり反映されず、マウスも効かなくなると さかびたくなるわけさ

そんななか 昨日クラッシュインアントワープで検索したら
解散してるバンドのページにとび Litaがもう音を作ってないのを知った
「悲しみのハンター」とか「蕾」、すきだったのになあ

あっちゃんも 元ちとせさんも歌いはじめ、fra-foaもまた活動を再開

始まりがあって終わりもあって
つづいてゆくのも 再会もあって

それでいいや
それがいいや

 
ではまたあした
 
 
けいたい用の道しるべ
けいじばん
posted by 杜美 at 21:13| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | びっくり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

ドンちゃんの絵

寝るといったくせにまだ起きてます

びっくりしたんだもの ヤフーニュースみて

「同じ月を見ている」映画化 主演・窪塚洋介!

てっきりドンちゃんを演るのかと思ったんだけどね
「ランドリー」のテルくんとちょっと似てる部分もあるし
そうか、そうか あの絵を書くんだねえ…と思ったらばしかし

 ”窪塚さんは繊細な感情を持つ研修医を演じる”

そうか、てっちゃん役なのか(あれ、名前合ってるっけか?うろおぼえだ)
じゃあ、ドンちゃんはだれが? エミちゃんはどなたが?

まんが原作の映画化はキャスティングが重要だと思うんだけど
その点「NANA」の主役2人はすばらしかった まだみとらんけど

「MONSTER」ハリウッド版のテンマは日本人俳優を抜擢するらしいしな
この流れが続いたら いつか「BANANAFISH」あたりも映画化されるのでは…
と、いらぬ心配までしてしまう

あれが実写版になったら、もだえ苦しむの解っててもやっぱり観に行くだろうな

今度こそ、おやすみなさい

これまた、あした
posted by 杜美 at 00:19| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | びっくり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。