2008年10月05日

何年雨女


あいかわらず、西の都にいます。
3度めの秋です。
 
いろんなとこにぶつかって黒血よって
半熟玉子にあたって1か月おかゆ生活だったり
アニメみて内臓とび出そうなくらい号泣したりと
 
やっぱりあいかわらずです。

何年たっても雨女のままです。
 
 
posted by 杜美 at 15:48| 宮城 ☁| おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

ふたたび、たんたんと

 
はやいもんで、今年がはじまってもう2ヶ月だ
 
わたしは京都のまったく寒くない冬を過ごし、
むかしよその土地で聴いてた歌のCDを借りてきては
ぽつぽつとくちずさんでいる
 
休みの日は寝てばかりいたんだけど、わりかし元気 
 
年末にかけた認証を、このたびはずすことにした
また気が向いたら、すぐ読めるように
わたし自身ががよく認証のIDとパスワードを忘れるため
 
雨屋さんぶんは たんたんと つづいています
 
なんてことない3行だから
なんとなく目を通してもらえたら

それでいい
 
 
posted by 杜美 at 22:08| 宮城 | おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

雨屋さんぶん

 
ごらんのとおり、春ころからネット版そのひ帳は
めっきり更新の頻度が減ってる

とにもかくにも長い文章を打てなくなったな
キーボードでも携帯でんわでも、メールの返信すらできん

もう、わたしのことを全然知らないひとの目につくところで
日常を長々と発表するのはやめにしようと思って

さて、なにか、どうにかならんもんかと
ほかの方法を考えていて

ひとつはなんとか形にできた
そしてもひとつも、なんとかはじまった

雨屋さんぶん、というのをつくりました
携帯から読んでるひとは、グーグルで検索してみてね

3行なら、ちまちまやっていけるんじゃないかなって
んで、たまに長くなりそうなら散文ってことで

知るひとぞ知るこじつけ的要素が
じつにふんだんに盛り込まれたブログの名前でしょう

そのひ帳は消さないでおくけど
あと10日やそこらしたらば、認証をかけることにした

だからそのあいだにこのおしらせみてくれればいいなと思う

読んでたブログがいきなり消えたら
わたしだったらちょっとさびしくなるから

そのひ帳はずっとつづけるよと約束したひとがあったけど
方法と場所をかえて発信するってことで
どうか大目にみておくれやす

今日はこれからしたくして、東寺にいってきます
弘法市があるのです、1年でいちばんにぎわう日だというので

それでは雨屋さんぶんで、また。
 
posted by 杜美 at 04:02| 宮城 ☁| おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

ここにいていいのか?

 
引越しました
山から街へ
 
荷つくりをすませてから、自転車で小一時間ほどほっぺた真っ赤にして走ってあたらしい職場へ。
寮となるマンションへ案内されたあとにレンタカーを借りて、せっせと荷物を運び込む。
 
先月までの職場に備品を返し、お世話になりましたのお菓子を渡し、晴れ晴れしく車に乗り込む。
 
ちょうど月初めの移動だったので、ネット環境をさっさと整えてみた。これでようやく携帯電話と疎遠になることができる。そのひ帳もまめに更新できる、はず。たぶん。
 
先月までわたしがいたのは嵐山です。

よく書いてた橋っていうのは渡月橋のことだ。
紅葉も終わりがけで、山は全体的にくすんだ茶色になってる。
 
嵐山ラストの3日ほどは怒涛の観光ツアーを開催。
旅の道連れになってくれたみなさんには感謝。
わたしひとりだったらきっと、荷つくりに気をとられてどこにも行かなかったと思う。

嵐山観光は、りり夫妻とともに。

たべて、歩いて、紅葉見上げて、山河を見おろして。
3人でいたのにぜーんぜんくるしくなかった。なんであんなに愉しかったのか。
夜ごはんにいただいた、かぼちゃソースのかかったオムライスのまろやかさが忘れられん。

龍安寺・仁和寺へは、かのんちゃんといっしょに。

石庭の文鎮(900円)を買うか買わずか悩むわたしをよそに、1000円のレターセットをさくっと購入した博多女。
仁和寺の紅葉が京都に来ていちばん赤かった。
「かぼちゃの馬車」という名の、かぼちゃまるごとのなかにプリンが入ったやつを求めて、坂道を歩いた。
 
川があって、山があって、橋を毎日渡った。
 
どこに行っても思うのは、
あれー、わたしここにいていいのか?ってこと。
 
自分で決めてそこに立っているのに、
いつまでたっても慣れやしない。
  
posted by 杜美 at 09:16| 宮城 ☀| おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

橋、わたる


ふたたび荷つくりに励む。
 
今回は、台所・生活・仕事・たのしみにダンボールをわけて、箱に入れたらチェックするという流れにした。よって、なかなかスムーズにすすんだ。わたしにしては、ってことだけど。
 
もう10月だっていうのに、宮城県北は暑い。汗をかきながらせっせと箱づめ作業をこなす。特大1・大2・中1のダンボール構成に。

クロネコのおじさんに集荷にきていただく。
番号はフリーダイヤル、「おーいくろねこ」。0120-01-9625。
なぜ、ねが2になるのか、ややわからんがよしとする。

今年最後の渓流釣りからおとんが帰ってから、みんなでまわるおすしをたべにゆく。

いちおう、送別会のつもりだそうだ。おとんも生ビールぐびぐび、わたしはあおさのりの味噌汁が熱すぎて、べろをやけどした。
 
10月は毎年けっこう移動してるなあと、唐突に思い出す。

わたしは紅葉をながめるの、にがてなのにな。
こんどの職場はたぶん紅葉目当ての観光客がどっと押し寄せる。

そして寮から宿までの道を、わたしは毎日歩くことになる。
川の音をきいて、山をながめて、橋をわたる。

旅ではなくて、観光でもなくて
ちょっと長いあいだ暮らしてみたかった街で。
 
 
posted by 杜美 at 00:26| 宮城 ☁| おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

かみのもの、とどきもの

 
あっというまに秋っぽくなったなあと、夜なんか鼻水すすっていたというのにまた汗をかきながら、紙のものを整理している。

紙のもの。
 
書類とかカタログとか切り抜きとかペーパーとかパンフレットとか写真とか手紙とか、いろいろ、ばさばさと、ダンボールみっつぶんくらい。

最近二穴パンチであらゆるものに穴をあけて、小学校のとき作文とか綴じてたような紙の表紙のファイルにどんどんまとめてるんだ。


わたしは去年から短めの契約で方々のお宿で働いていたのだけれど、パソコンは持っていかなかったのでそのひ帳の更新は携帯でんわからだった。

義務で続けているわけでもないのに、やめたかったらいつでもやめればいいのに。

結局小さいキーを右手でぷちぷちやりながら言葉を組み合わせるのをやめなかったのは、ネットを介して近況を伝えることでだれかとつながってたいたかったからだ。

でも、もっとべつの方法はないもんかと、悶々してたの。ずっと。
なんかちがうなんかちがうって。

で、考えてなんとか形にしました。
ちゃんと手元に届けばいいんだけれど。
 
そのひ帳はそのひ帳で、
届けものは届けもので。
とらえてもらえたらうれしい。

 
明日、我が家にはおたのしみが届くのだ、香川から。
楽天で買ったうまそーうなうどん。ごまが入ってるやつ。生麺。
来週、なかよしさんとうちのみんなでたいらげてやる。

夢にまで出てきそうな勢いで、ずるずるーっと。
 
 
posted by 杜美 at 15:41| 宮城 ☀| おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

海へゆくまえに

 
わたしの髪の毛は、黒い。
 
いままで染めたことはいっぺんもない。しかも太いし長いから、抜け毛が目立つ。カーペット愛用者のおうちに遊びにゆくたび、大変不評である。
 
だいたい年にいっぺんのイベント、縮毛嬌正をかけに美容室へ行ったきた。9時から15時までかかったぜ。後からはじめたふくちゃんのが、1時間早く終わってんの。しかもボディピアスのキャッチをなくしたー。
 
つるつるさらさら。人工的につやつやになったこの状態がずーっと続けばいいのにと、叶わないけど願ってしまう。のぞんでしまう。
 
髪なんか、すぐのびるのだ。とくに前髪。はさみでじゃきじゃき切らなければ、あっというまに目玉に入る。かゆくなるので困る。だから前髪は、無しかぱっつんにかぎる。
 
ということで、去年の画像ととっかえました。ブログの右側(携帯ユーザーのみなさんごめんなさい)の書き手写真です。

ことらが撮ってくれました、携帯で。ふくちゃんが横からいろいろ口を出してました。「口元は撮るな」とか。あ、だれだよ、いま読んで笑ったのは。失礼な。たらこくちびるはリップクリームの減りが早くてたいへんなのだよ。
 

来週からまた宿屋で働きます。今度は海っぷちです。関東方面。
 
そのしたくをさ、しなくちゃいけないのに「はじめの一歩」を全巻読破をもくろんでしまったので、こたつから動けない。いま44巻。鷹村さんの世界戦。おつぎは「H2」が待ってる。

おかげで今朝もこたつで目が覚めた。無理に寝返りを打とうとしたため、腰骨周辺のお肉がごりごり言っていたぜ。おまけに首を寝違えた。
 
夜はふとんで眠りましょう。

posted by 杜美 at 20:50| 宮城 ☀| おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

メトロナポリタン

image/sonohi-2006-02-04T08:11:47-1.jpg
 
↑おともだちのかんちゃんにもらってから、どっかでみつけると必ず買ってしまうドライマンゴー
 
 
休日の朝だというのに、おとんは遅起きもせず「おはようっ」とすがすがしく言うので、やっぱりあいさつってのは大事だなあと思った。
 
ふくちゃんはというと、毎週土曜日のおたのしみ「建物探訪」をみながら、出演者のおばさんがいちいち笑いすぎると文句をつけていたので、そうやっていちいちいちゃもんつけるのおやめよ、と口をはさんだらば、

「メトロポリタンみたいな顔して!!」
 
と反撃してきた。あいかわらず、わけのわからない母である。そういえば、ナポリタン最近たべてないなあ。口のまわりオレンジ色にしてさ。

(昨日ふくちゃんは「ロマンチックモード」と「Heven's hell」を、好き勝手にミックスして歌いながらごはんをつくってたわ。「あ・あ・あ・あいたいな〜」)
 

いまこれを打ってるのは自分のパソコンではないので、お気に入りフォルダを開けない。だからいつもみているサイトはそのつど検索してとぶ。とはいっても個人的な知り合いのと、作家さんや料理家の方のコラムと日記と、ひとめぐりしても片手の指で足りてしまう。

ネットの海のなかを泳ぎたい時期とそうでない時期の落差がはげしい。いまは、このそのひ帳が最果ての島みたいになってればいいなと思う。ゆきどまりでいい。

けいじばんも、さっぱりおへんじしないままで。しばらく忘れて放置してると、エロエロしい書き込みがあって、ちょっとおもしろい。なんだよ、リンダマンって。
 
きっと、わたしになにか言わんとすることがあるなら直接メールをくれるだろうし、この際けいじばんを閉めようかと思う。いままで書き込みしてくれたみなさん、どうもありがとうね。いつも思いつきではじめたりやめたりして、ごめんなさい。
 
そのひ帳はこれからも、ちまちまつづきます。
どこに行っても。
 
 
posted by 杜美 at 09:01| 宮城 ☀| おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

そのひ帳、これから

今年に入ってはじめて、パソコンをいじりました。
 
でもおとんのだからキーボードに馴れてなくて、あらゆる動作のいちいちがのろい。
 
まずはみなさん、ごめんなさい。

けいじばんのアドレスをまちがって携帯から消してしまったまま、放置していました。なんだか、エロエロ呼び込みの書き込みが蔓延したままですまん。パスワードを再発行して、消し去りました。
 
それよりお返事もまったくしないでいてすみません。
言の葉たくさんどうもありがとうね。
 
さらに昨日、ばあちゃんをバス乗り場まで送っていくときにいろいろ話を聞いててさ。ちと考えるきっかけになったんだけどさ。 
 
わたしそのひ帳に、あったことそのまんま書きすぎてるかな。
 
もともと遠くのなかよしにも近況を把握していてもらおうってのが目的だったから、会ってればきっと話していたであろう表現で、さらさら書いてるつもりなんだけどさ。
 
どうも去年後半あたりから、身内の人々にはなにかと心配をかけてしまっていたらしい。直接なにか連絡があったわけではないし、なんも気にもしないで書いていた。いつものように。
 
そしたらまだ引き合わせたこともなかった人物にたいする評判、というか印象がすこぶるわるくなっていた模様で。気の毒になってしまったのだった。
 
でもいまさらあたりさわりのないことだけ書くってのもねぇ。それはそれで、むずかしそうだし、第一いずそうだ。そもそも心配かけたくないってなら、なんも書かなきゃいいのか。
 
んでもわたしは書くよ。書こうと思う。あれもこれもそのまんま、これからもこんなかんじで、そのひ帳はつづける。

やめたくなるまでは。
 
posted by 杜美 at 21:05| 宮城 ☀| おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

ナルトを食われた

image/sonohi-2005-10-11T00:32:41-2.jpg
 
明日からしばらく家を離れるので、かんとおそとめしへ繰り出した
 
あまりに寒くて身体が温かいものを求めたのか
幸楽苑ってラーメンのチェーン店へ、自転車をふっとばす
 
途中 薬局へ寄ってトイレットペーパーを買おうとしたものの
荷物になるので帰りにしようということに
 
しょうゆ味のラーメンは年にいっぺんぐらい、無性にたべたくなるのだ 
ふだんは味噌か塩ばっかりである もちろん半ライス付き
 
ほぼ満席だったけども、お店のおねえさんがとても気持ちよい方でさ
腹いっぱい・胸いっぱいで、すがすがしく店をあとにする
 
でもことらにナルトを無断でたべられた たまにたべようとするとこれだ
 
ブックオフへ出向いたが「医龍」は、なかった
でも「ジパング」が10巻まで100円だったので大人買いしました
大人ったってわたしの場合、総額はたかがしれているのだが
 

 
今日 ヤングユーが休刊になると知ってとてもおどろいた
良質な作品を多く生み出してる雑誌だからさ なんで?と思わざるを得ない
わたしがすきな連載ものは、YOUやコーラスに引き継がれるらしい
 
すきなものが失われてしまうって かなしい
たとえどうしようもないことだとしても さびしい
 

 
これからしばらくのあいだ
そのひ帳は主に携帯からの更新になると思います
パソコン環境にいられないからであって、やめるつもりはございません
 
ちょいとばかし、宮城県内の某所において働くことにしました
また着物を着てばたばた走り回るのです
転ばぬようにだけ、気をつけます 畳の目には要注意
 

 
したがって 現在よその県でお仕事中のあかりちゃん(明日帰ってくる)とは
ものの見事にすれ違いだ 残念だ ちょっとくらい生声聴きたかったさ
 
携帯の通話だといつも 焦って慌てて なに話すかいつも忘れてしまうし
 
お守りの効力は とっくに失われてしまっているけれども
あんなにお肉ばっかたべてて、痛風への道まっしぐらではないかと
勝手に心配ぐらいはしても構わないだろう
 
いまだにあの声には魔力があり、その骨類も思わず拝みたくなるのだが
いずれその力も あっさり失われてしまうだろう
長年温めてきたお守りが ある日突然その効力を発揮したみたいにさ
 
そしたらそんときは
追うことも追われることもなく
慌てず さわがず 淡々と
 
ことらと3人でテレビみながら
このへやのこたつで 鍋でもつついけりゃいいと思う
 
posted by 杜美 at 01:37| 宮城 ☁| おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

たんたん、ちんまり

そのひ帳のトラバとコメントを、受けつけない設定にしました
なにかお気づきの点がありましたら、どうぞ直接メール・もしくは掲示板へ
 
以前もおはなししたけども このそのひ帳は
ブログという道具をつかった、身近なひとたちへの日常報告(=日報)です
 
そんなもん直接本人に言え、と言われてもしょうがないけどさ
みな近所に住んでるわけでもないし、全員に手紙を書くなんて途方もないし

そしてなにより ブログだと迷惑がかからない
メールや手紙のように「返事をしなくちゃ」と思われることなく
知りたいときは読んでね、って言えるのが気に入ってるのさ
 
アメブロからシーサーに移ったときに 他にもブログを立ち上げてみたけど
ほかのふたつは閉じました なぜかって?
そりゃ 数ヶ月放置しっぱなしで まったく更新してないからですよ
 
数年前、わたしのなかでは 「ネットは怖い」ところでした
 
いまもね たまにそう思うこともあるけれど
たとえばそのひ帳をネットで流していなかったら知り合えんかったひとと
やりとりさせていただくことで 温かいじんわり気分を味わえたときなんかにさ
 
できなかったはずのことだってできるんだ、って知れたのがうれしいです 
 
今月中旬からしばらくあいだ パソコンの環境が変わるので
これまでのように長々と、こまめに更新できないと思われますが
そのひ帳はこれからも続きます
 
淡々と 
こぢんまりと 
 
posted by 杜美 at 17:52| 宮城 ☔| おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

赤色二十年

image/sonohi-2005-09-25T23:51:54-2.jpg
 
今日は どこにも出かけず 押入れとダンボールの整理にはげむ
 
相撲の秋場所・優勝決定戦→ベルリンマラソン→アシュリーちゃんの特番をみながら
机いちめんにあれこれ こまかいものたちを広げては
ごみ箱行きか あるべきところに整頓するか ちまちまと振りわけてゆく
 
これまでは いくら片づけても かならず残る箱があった
 
”いつかどうにかしましょう箱”といって こまかいごちゃごちゃしたものや
いま使わないけど、いつの日か使うときにないと困るだろうってものばかり
とりあえずいれて置くためだけに存在するという
それはそれはやっかいな代物だった
 
こないだ実家に帰ったときにも とうの昔に家族の物置と化した自室に
数年間放置したままだったいくつものその箱を消し去り
そしてついに現在の自宅にあった、その箱最後の一族を滅することにも成功した
 
ああ、このすっきり爽快気分ったら!
 
・あれば便利、と欲しがってたものが手元になくても
 実はたいして苦労しない

・なくしたはずのものを買い足して行った結果、おなじものをみっつも発見

・「持ってたことを忘れていたものは、迷わずごみ箱へ」
  この法則の素晴らしき有効性
 
 
どこかに旅行に出るときや 長く家を離れるとき
いつもね そのままどっかで死んじゃったら この部屋のものは
こんな散らかったまんまで どうすんだって思ってたわけさ
 
わたしは贈りものするのもされるのも、とっても苦手
 
手元に置いておきたいものは自分で選んで揃えていきたいし
気に入ったものがちょこっとあればそれで十分だから
 
お誕生日の贈りものも、跡形もなくきえるたべものや
ときちゃんの地球儀みたいに、あらかじめほしいものをきければいいけど
「なんでもいい」って言われると さて、どうしたものかと考えてしまうのね
 
ほしいものは自分で手に入れればいいし
いらないものもらっても困るしな

たとえばこの先わたしが死んだらば
なかよしのみなさんは お葬式なんかもう ぜーったい来なくたっていい
頼むからこないでおくれとお願いしたいくらいだ

どうせなら ふくちゃんとお茶っこのむような気で家に寄って
わたしの部屋んなかぐるーっと見渡してさ
もし「こりゃいいな」ってのがあれば すきなものを持ってておくれよ
 
本とまんがは、古本屋に出すようなことはしないでと家族に頼んである
友人や知人にお好みで持ってってもらってよと言ってあるし
妹・みりには、わたしが死んだらそのひ帳で公表しておくれと依頼済みです
 
したがって早い者勝ちなので、いまのうちから目星つけとくのもありです
古本屋や、フリマといっしょ 直感を働かせて狙いをさだめてな
 
 
画像のえんぴつ削り機は 20年ものでございます
小学校入るときに買ってもらったんだよ
最近えんぴつ生活をはじめたので、実家から発掘して持ってきたのだ
 
これまで2人の妹の手にも渡り ぺたくたといろんなシールが貼ってあったのを
きれいにはがしてクレンザーで磨いて、ぴっかぴかにしたのです
 
赤は、わたしにとっては禁色なのだけど
年月を経て退色したこのくすんだ赤色なら みてても苦しくならない
 
 
「形見分け・おすきにお選びください方式」については
ずっと考えてたことなんだけど 今日片づけしながらあれこれ見てたら
みんなに浸透しないうちにその時がきたらば なんの意味もない
知っといてもらわんことにははじまらんと思ってさ

あらかじめお伝えしとこうってだけで
深い意味はございませんわよ、あしからず
 
スペリオールの「医龍」がたのしみでしょうがない今日このごろです
posted by 杜美 at 01:22| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

届いて当然、ではない

週末は このどんよりしたお天気のように ぐずらもずらしていました

って、この「ぐずらもずら」 これった方言なんだべか? それっぽいなあ
意訳すると「気分がすっきりせず、ぐうたらぐずぐずしたような」かな

よく実家にいたころ 手伝いもせずこたつでごろごろしてると
じじばばちゃんに言われたもんです

しかも携帯の電源切れたわー⇒はい、充電すっぺし⇒そのまま放置してたら
なんと電源切れたまんまの状態でまるいちんち過ぎていたわ
どうりでうんともすんとも言わないわけさ ごめんよ 気づかんかった

あ、そうそう このたび携帯メールを使わずにいるとお伝えしましたが
携帯からわたしにメールくれてるお友だちのみなさんへお願いです
返信しても拒否されて戻ってくることがあるので、ドメイン指定しといておくれ

「出したメールは届いてあたりまえ」と思って送信してはいるけど
相手が読んでるかどうかなんて 確実に知る方法ないわけで
送って電源切って 夜またパソコンひらいたら それが戻ってきてた、あらー

携帯の電源切れてた あとでみたらばメール届いてた あらー
 

2、3年まえさ 友だちと電話中に とあるメールがわたし宛に送信されたのね

まったく気づくことなく 夜道をてくてく歩いて家に帰って
着替えてだらーんとくつろいでいたらば ピンポンが鳴り 出てみたらば
そこにはとても腹を立てたひとがおったんだ

「???」

どうやら わたしに頭にきていた上に そのことについて質問メールを送ったけど
なんの返事もなく てっきり無視されたと思ったらしい
(そのひとが帰ったあとに メール問い合わせしたらば届いてた)

わたしはそんとき思ったね
ああ、そうか
メールは「届かないのを前提に」とらえなくてはいかんのだと

大事なことなら直接会って それが無理なら電話で
ていねいに伝えたいことなら手紙を書いて わたしはそのひとに届けたい
手紙を届けることができないひとには 心をこめてメールを送る

ようするに「電話のかわりにメールですます」のがいやなんだと思う

電話をかけるのは電話をかけたいからで
メールのほうがいいなら、メールを送るのだ
 
 
では、またあした
 
 
けいじばん
posted by 杜美 at 11:39| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

嘘つき闇

image/sonohi-2005-04-27T22:18:28-1.jpg

自分のことで泣いたことって
思い出す限り10年弱なかったわたしが
さっき泣きました

わたしをよくご存知の知人のみなさん びっくりしたでしょ
びっくりするさ? おらはびびったよ、あらーって

なにを言っても届かないのがこんなにくやしいなんてな
説教したら「いちいち細かい」と返ってきた

うそばっかりだと思った 暗い闇のなかから嘘つき虫が増殖してんのかな

「わかった」と言っておいてあとからあっさりと約束やぶるのも
だんまり黙っていやあな視線をゆらめかすのも ああ、なんて気持ちわるい

かなしくて涙っこながすんでなくて くやしすぎて垂れ流すなんて
ある意味わたしらしくて笑えるわ 皿洗いしながらぽたぽた落っこちたっつうの

世の中でいちばん落ち着けるはずの巣がさっぱり居心地よくない
これはゆゆしき問題だ こんなんでいいはずがない

画像はドトールのミラノサンド えび・ツナ・カニだったかな ぜいたく!
ツナチェダーチーズのホットのやつは置いていない店だったので

たべて歌って 泣いていそがしい
えらくがおった(疲れたの意)いちんちだった


おやすみなさい
またあした

↓コメント欄、ちょっと復活させました
posted by 杜美 at 23:00| 宮城 | Comment(2) | TrackBack(0) | おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

甘い雨

image/sonohi-2005-04-20T20:19:35-1.jpg

↑ふくちゃんは、ごま人間 牛乳に入れてぐーるぐる
 
昨夜、ぽんさんの「おさんじ日記」を見に行ったらソフトクリームって文字が目に入った
…くいたい、くたいよう ううっ 夜中にもだえる、女がひとり

いま我が家には甘いものがなにもない なにひとつない
あるのは黒砂糖と、はちみつくらい あと、みりんしかないわ

いっときのポテトチップス熱は下がりつつある いまは甘味だよ、甘味!
 
 
書きたいなあと思ってたことがあるんだけど、すっぽり忘れたわい
いつもそうだ ああ、これ書こうと思ってキー叩いてても、たいてい違う話になんだ
あっちこっちに行ったり来たり

まるでO型が数人集まったときの会話みたいに
(あの空気を楽しめるようになれば、これであなたもO型マスター)

あ、そうだ わたしはヨン様もすきではないし、減量も酒もたばこも興味がない
渓流釣りはおとんの趣味で、習い事をはじめたのは友人です
読み方によってはいろんな風にとられるなあと思ってさ

わたしが感じるネットの怖さのひとつは
誤解をまねいていたとしても、それに気づけないってこと
読んでる人との間にあるどうしようもない距離

たとえ顔合わせることがなくても、誤解されっぱなしっていやだしなあ
全員にわかってもらおうと思うほうが不可能だろうけど
できるかぎりのことはしたいもんな

んで、そのひ帳はブックマーク機能を使わないことにしたんです

さる年生まれのやぎ座、純O型の血が身体を巡ってるこの生身の女がよ
今日このひとのこういうおはなしに一喜一憂したんだよ、ってさ
示せたらいいなと思ったんだわ

お、と思った話題があったらばさ、そのひ帳の本文中で紹介したい
友だちとお茶っこのみしながら話すみたいに、ひとつずつ

目には見えないリンクを張って、それでおしまいにすんじゃなくて

わたしはいまちゃんと生きてて、ネットの海でもこういう栄養をもらったんだと
会ったこともないけどよ、こんなひとがいたんだよって
そのつど報告したいってのがいちばん近いかな

うまく言えないなあ むーん いい言葉がみつかったらまた話す

あ、そのひ帳へのリンク・トラックバックは気軽ごく楽に、お願いいたします
お知らせいただければふらりと読ませていただきますので

あなたがどんなひとで、どんなことを感じたかを
よかったらわたしに直接教えてください
 

しっかし、結局なに書こうとしてたのか思い出せん
ほんとうに、紙に書かないとなんでもかんでも忘れてしまう どあほうめ

今日は部屋の模様がえをしました
ソファーに寝っころがって「ホテルビーナス」みんべ

雨はまだ降ってんのか?
映画の供に、ドーナツ買ってくっかね

雨をくぐって買い求めるおやつは、きっとことのほか美味しいことだろう


・追記・ 「もりうみ」で宮城人チェックというのを紹介したよ やってみらいん、わらえっから 


では、またあした


けいじばん  もりみめし
posted by 杜美 at 21:50| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

続・ひっこし、あたらしきもの

image/sonohi-2005-04-19T22:49:51-1.jpg 
 
↑花見よりも、こたつでまったりを選んだ女がふたり(+わたし)
 荒町・HALONGにて
 
 
というわけで、引っ越しました

「またか」という予想どおりの反応がありました そうなんです またなんです

ほんとうに、こっちまで訪ねてきてくれてどうもありがとう
奇妙な横のつながりや、上下をつけられる煩わしさから逃げのびて、なんだかすっとしました 

よっしゃやるか、って思うと止まらないので
今日はひたすら寝食ほっぽらかして、ちまちまいじくってたよ

巣づくりってたのしいな(「ビーバーの巣づくり」って何年生で習ったっけ?)

これまでのそのひ帳の引っ越しの際、ようやく落ち着いたかってころになると
なにやら気が抜けてさみしくなるんだよね

だって夢中になってるのってうんときもちが良いでしょ

なんだっていいんだ
節約生活とかダイエットとか 小説 ヨン様 趣味の教室 つり

なにかに一生懸命だと、なりふりかまわずがんばるっちゃ?

自分のためにがんばると人のせいにしなくなるさ
そうすっと、あらゆるいろんなことがしんどくなくなると思うんだよ

そのうえ「没頭できる」ものってのがひとの役にたつものだったら
うきうき魂がねずみ算式にふえそうな気がする


”もりのうみで会おう”は、なかまうちで作ってくけど
なんとですね、さっきもひとつ作ってしまったの 勢いってこわいわー

というのも「もりみめし作ったよ」「作ろうと思った」って声を
ありがたいことにちょくちょく耳にしたんだけど
そういうひとがいてくれるなら、ごはん専用のがあってもいいかなと

本日のもりみめし ←こっちは気が向いたら更新します

これまでおはなししたもりみめしも、すこしずつ移すつもりなので
よかったらばご利用なさっておくんなせい
 
さっき牛乳が残ってたのでシチューを作ってたら、
葉子(写真・右)んちもシチューだったそうだ あらまあ、奇遇なことよ

豆腐を使ってみたんだけどおいしかったので、こんどごはんブログで紹介します

 
けいじばん
posted by 杜美 at 23:04| 宮城 ☀| おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。