2005年11月22日

きりんにいちゃん

職場に、まるでキリンのようなひとがいる。

なにも肌が黄色いとか、まだら模様ってことではなくて、とにかく背が高い。

いつも長い手足をぶらーん、ぶらーんと揺らしながら歩いている。
そういや顔立ちも草食動物っぽいな。

圧巻なのがあくびをした時だ。

テレビや動物園ぐらいでしかキリンに接したことがないわたしがさ。きっぱり言い切るのもどうかと思うがよ。

あのにいちゃんがあくびしたあとに、むにゃむにゃする表情はきっとキリンとうりふたつだね。

こう、映像を並べて比較検討してもいい。

ちなみにわたしはここの仲居さんに
「引田天功に似てますよね」
と、しみじみ言われたんだが、どう反応していいかわからなかったわ。

とりあえず、はじめて言われたよと答えたのだけども。



何年かまえのバスジャック事件の加害者が、被害者と3回面会したという記事を新聞でみた。

殺めるひとと、殺められたひとがいて。痛めつけるひとと、痛めつけられたひとがいて。

たくさんの事件が起こってる。わたしが知ってるものなんて氷山の一角だろう。

この面会に応じた被害者の女性のようなひとは、どのくらいいるんだろうか。

「殺人者にしたくなかったよ」

加害者を責めつづけるのではなく、そのひとの魂をそっと撫でるような言葉を手渡せるひとは。

神戸の事件の被害者の女の子のお母さんも、手記に書いてたな。

「あなたはわたしの子供です」と。



posted by 杜美 at 16:20| 宮城 ☁| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。