2005年09月26日

赤色二十年

image/sonohi-2005-09-25T23:51:54-2.jpg
 
今日は どこにも出かけず 押入れとダンボールの整理にはげむ
 
相撲の秋場所・優勝決定戦→ベルリンマラソン→アシュリーちゃんの特番をみながら
机いちめんにあれこれ こまかいものたちを広げては
ごみ箱行きか あるべきところに整頓するか ちまちまと振りわけてゆく
 
これまでは いくら片づけても かならず残る箱があった
 
”いつかどうにかしましょう箱”といって こまかいごちゃごちゃしたものや
いま使わないけど、いつの日か使うときにないと困るだろうってものばかり
とりあえずいれて置くためだけに存在するという
それはそれはやっかいな代物だった
 
こないだ実家に帰ったときにも とうの昔に家族の物置と化した自室に
数年間放置したままだったいくつものその箱を消し去り
そしてついに現在の自宅にあった、その箱最後の一族を滅することにも成功した
 
ああ、このすっきり爽快気分ったら!
 
・あれば便利、と欲しがってたものが手元になくても
 実はたいして苦労しない

・なくしたはずのものを買い足して行った結果、おなじものをみっつも発見

・「持ってたことを忘れていたものは、迷わずごみ箱へ」
  この法則の素晴らしき有効性
 
 
どこかに旅行に出るときや 長く家を離れるとき
いつもね そのままどっかで死んじゃったら この部屋のものは
こんな散らかったまんまで どうすんだって思ってたわけさ
 
わたしは贈りものするのもされるのも、とっても苦手
 
手元に置いておきたいものは自分で選んで揃えていきたいし
気に入ったものがちょこっとあればそれで十分だから
 
お誕生日の贈りものも、跡形もなくきえるたべものや
ときちゃんの地球儀みたいに、あらかじめほしいものをきければいいけど
「なんでもいい」って言われると さて、どうしたものかと考えてしまうのね
 
ほしいものは自分で手に入れればいいし
いらないものもらっても困るしな

たとえばこの先わたしが死んだらば
なかよしのみなさんは お葬式なんかもう ぜーったい来なくたっていい
頼むからこないでおくれとお願いしたいくらいだ

どうせなら ふくちゃんとお茶っこのむような気で家に寄って
わたしの部屋んなかぐるーっと見渡してさ
もし「こりゃいいな」ってのがあれば すきなものを持ってておくれよ
 
本とまんがは、古本屋に出すようなことはしないでと家族に頼んである
友人や知人にお好みで持ってってもらってよと言ってあるし
妹・みりには、わたしが死んだらそのひ帳で公表しておくれと依頼済みです
 
したがって早い者勝ちなので、いまのうちから目星つけとくのもありです
古本屋や、フリマといっしょ 直感を働かせて狙いをさだめてな
 
 
画像のえんぴつ削り機は 20年ものでございます
小学校入るときに買ってもらったんだよ
最近えんぴつ生活をはじめたので、実家から発掘して持ってきたのだ
 
これまで2人の妹の手にも渡り ぺたくたといろんなシールが貼ってあったのを
きれいにはがしてクレンザーで磨いて、ぴっかぴかにしたのです
 
赤は、わたしにとっては禁色なのだけど
年月を経て退色したこのくすんだ赤色なら みてても苦しくならない
 
 
「形見分け・おすきにお選びください方式」については
ずっと考えてたことなんだけど 今日片づけしながらあれこれ見てたら
みんなに浸透しないうちにその時がきたらば なんの意味もない
知っといてもらわんことにははじまらんと思ってさ

あらかじめお伝えしとこうってだけで
深い意味はございませんわよ、あしからず
 
スペリオールの「医龍」がたのしみでしょうがない今日このごろです
posted by 杜美 at 01:22| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じゃあ、モンスターはボクがいただくよ。
Posted by ヒズ at 2005年09月26日 10:33
ごめんなさい MONSTERは友人に貸しっぱなしで
返って来る気配がまるでないのです
そういう本がけっこうたくさんあって、
読みたくなったときにいつもがっかりします
貸し出しはもすこし慎重に行おう
Posted by 杜美 at 2005年09月27日 01:46
ラブログバトンなるものを作成してみました。
ひまな時にでもやってもらえると嬉しいです。
Posted by ヒズ at 2005年09月29日 01:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7318715

この記事へのトラックバック

ラブログバトン
Excerpt: せっかく作ったんだから 手本という意味も込めてやってみよう!! 先日人気ブログランキングランカーの 紹介をやったので今回はそれとは 別の方向でやってみよう。 では早速。 1.リンク..
Weblog: 東北学院大学4年生が書く日々の情景
Tracked: 2005-09-29 01:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。