2005年06月12日

穴から栄養

ごめんなさい、本日も写真なし 
 
あたらしき携帯電話について

なんちゅうば、反応がとっても遅いかんじがする 前のにくらべて
これは操作になれていないとかの問題じゃないようだ
ボタン(キー)押してからその命令が反映されるまでが、ふた呼吸ほどずれる

いずすぎるってばよ もっとがんばってくれ、Kセラさん
そりゃ、使ってるうちにだんだん馴染んでいくんだろうってのはわかるけど
いまはとてもじゃないけど ちまちまメールなんて打てないわ
 
 
オークションについて
 
ついにどっぷり膝下くらいまでつかったとみていいだろう、ヤフオクである
 
長いこと 「はまったら抜けられなくなると推測されるもの」として、
わたしがつねに掲げていたのが ロールプレイングゲーム・釣り・オークション

もとはといえばしゅうちゃんに頼まれたのがきっかけではあったが、
ちらほら自分がほしかったものにつばを付けはじめ
たったひとりで戦い始めたのはいい
 
 
さっきヤフオク初心者には まったくもって不可解なことが起こった

数日前から入札してて ほんの数分前までひとり旅状態が続いてた品があって
うれしいなあ、うっひっひ とさ にまにましてたら落札直前で強敵現る
まずひとり そして手強いく粘るもうひとり

んで、何度か落札価格を競って上げてくでしょ
わたしが「その時点での最高落札者」に晴れて就任するたびに
終了時刻が先延ばしになってくのだ 5分とか 10分とかずつね

どんどん遠慮なく 勝手きままに加算されてくとしか思えない

これってオークションではあたりまえのことなのか?
時間ぎりぎりに粘ってるのに 次々と終わりが遠のくんだもの
なんなんだよ、いったい 乳酸がどっと分泌されて、必要以上に疲れたっつうの

今夜はみっつ、落札したいのがあって
ひとつはあまりにも高値がつきすぎて早々と戦線離脱し
のこりがほんの1、2分の差で終了時刻が設定されており、気が気じゃなかったわ
 
 
余談になりますけども
物や人をめぐって 誰かと取り合うという気力体力ってのは
長子(長男長女)にはもともとの保持量が絶対的に少ない気がするんだ

はじめから あきらめる癖が染み付いてしまってるでしょ
「おねえちゃんなんだから」 まるで呪いのような、このことば

だから昨夜終了のオークションにしたって
仕事から帰ってきてから落札価格が上がってるの見て
ああ、もういいや って あっさりあきらめたさ

戦って 負けをみるのがいやだから

断られるまえに、断りたくなる
逃げられるまえに、逃げたくてたまらなくなる

今日はことらがお泊りなので めずらしく家にひとりでいる
雨が降ってきたので 買物にいけず
たくさんあった牛乳と根菜でシチューをつくり「瑠璃の島」をみながらたべた

竹野内豊さんの声、すきなんだよねえ
あの空気をほどよくふくんだ、奥行き あったか味のある余韻

人間性は顔(人相)に出るのは確実と思うけど 声は生まれ持ったものだしな

わたしが長電話する相手は まず決まって だいすきな声の持ち主ばかり
耳の穴かっぽじって そこから栄養も、うかれ気分もとりこむのだよ
 
 
いつも
いつも
どうもありがとう
 
 
ではまたあした
posted by 杜美 at 00:52| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | びっくり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。