2005年05月29日

おむすびうどん

image/sonohi-2005-05-29T20:02:10-1.jpg
 
image/sonohi-2005-05-29T20:02:10-2.jpg
 
おかみさんのおにぎり2連発
先週のまかないしゃしんでございます
 
わたしは麺くい(面食いではない)人間ですが、やはり米もだいすき
実家のササニシキをもぐもぐたべて育ちましたから

お茶碗によそったごはんに塩をかけても そんなにおいしくならんけど
どうして 塩をなじませた手できゅっと握りこんだだけで
こんなに上等なたべものになるんだろう
 
初女さんのおにぎりしかり ふくちゃんのやきおにぎりしかり
四万十川沿いのうどん屋さんの「うどん定食」のおにぎりしかり

おにぎりに狂喜するわたしに おかみさんは言ったよ

「つくったものを、おいしいって言ってくれるひとがいると
 もっとおいしく、っていろいろつくってみたくなるんだよね」
 

おかみさんにとってそれはだんなさんだった、と

いい話だなあと思ったの よく聞く話かもしれないけど
こういう しっくり馴染んだ穏やかな味のおむすびを握ってくれた
おかみさんの口から淡々ともたらされると 言葉の重みがちがかったんだ

 
昨夜は仕事から22時頃かえってきて それからごはんをこしらえて
ことらといただいていたらば、しゅうちゃんがあそびにきた

ごはんを炊く気力がなかったから「白雪うどん」
(「春待ちベランダ」参照)にしたんだけど

軽く一杯でまんぷくになってしまったわたしをよそに
ずるずる食いまくるふたり いったいいつまで どこまで食うというのか
麺のお鍋を下げようとすると「いや、まだ食べるよ」とゆずらない

歳もうんと離れてるくせにどっか似ているこのふたりは
わたしのやることなすことをいちいち馬鹿にしやがる

ことらにいたっては 昨日 冷蔵庫を6時間開けっ放しにしたというのに
まるで反省の色を見せないあたりが これまたこにくたらしい

でも うまいうまいと言ってくれるひとがいるとさ
わたしは そのひとにこそ ありがとうをいいたくなるんだよ
ここに来てくれて 一緒にいてくれて どうもありがとさんってさ

この部屋に引っ越してから あそびに来てくれるひとが多くなって
ありがとを伝えたいきもちもますます濃くなった

まいにち丁寧にごはんをつくるほど、わたしはきちんと暮らしていない
だれかがいてくれる、きてくれるからこそ よし、と思えるのだ

 
余談になりますが 今朝またことらが冷蔵庫の扉を閉まらなくした
一時はガムテープでとめていたほどだった
小一時間ほどで原因を究明し どうにか落ち着いたものの
わたしの怒りは収集がつかなくなっている

先日も16時間シャワーの水を出しっぱなしにしたこの妹に
つける薬はないものだろうか? わたしの心を広げるしかないのか?
 
 
「ミリオンダラーベイビー」が観たい
 
 
では、またあした
 
 
けいじばん
posted by 杜美 at 20:47| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 会った、ひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3991438

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。