2005年05月19日

雨夜のどんぶり

image/sonohi-2005-05-18T23:47:20-1.jpg
 
おいしい めしは たましいを あらうよ


働いてる店のまかないは おかみさんがつくってくれる

だれかがこしらえてくれたものを いただくのも久々だし
どうも必要以上にはしゃいでるように見えるらしく
いちいち感激するさまが おかみさんには不思議みたいだ

雨ふりの日の夜ごはんは、かつおのヅケ丼 めかぶのお吸い物

ああ、しあわせだった 口からさ じわーって広がるのさ
おいしさも うれしさも すべて

こうしてきもちにすとんとおっこちるようなごはん
つくれるひとになりたいもんだわなあ
 
 
帰り道 繁華街の匂いとも 雨の匂いともちがう
みどりいろっぽい匂いが漂っていて ふたりでなんの匂いだろうと考える

夏の夜中の田んぼ道 ああいうかんじ
 
 
またあとで
 
 
けいじばん
posted by 杜美 at 21:40| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 忘れぬ、ように | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3754236

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。