2005年05月07日

月光散歩道

image/sonohi-2005-05-07T18:17:51-1.jpg

仙台に戻るバスのなかで、2年前の春のそのひ帳をよんできたんだけども
そしたらとある心理テストをやった結果がさ 書いてあったわけさ

身の回りのひとと そのひとびとをめぐる歌のテストね

やったことあるひともけっこう多いと思うんだけど
さかもと未明さんのブログでおんなじのが話題に上がってたのでトラバします

んで 当時わたしが自分の「人生の歌」と思ってる曲ってのが

「焼け野が原」 

25年間生きてきたなかで いちばんたくさん歌ったであろう曲がこれだ
もうこれだけで うっしっしって笑いが止まらんのに

さらに「自分のことを最も理解してくれてるであろうひと」
「幸せをもたらしてくれるひと」「だいじなひと」
「すきなにいちゃん」と「かなわぬ恋のお相手」とそのひとのテーマ曲

これらがぴったりかんかんで合ってたわけさ おそるべし心理テスト
「当たってても当たらずとも、笑えれりゃあよいのさ」
というわたしの占い観を 根こそぎひっくり返すかのような この的中率!

ひさしぶりに読んでみたらば 感心感心
いまやったらどうなるのかな もう結果わかってるからやらないだろうけどさ
あ、「現在の心の歌」はね 「Title of mine」でした

「幸せをもたらしてくれるひと」「だいじなひと」「すきなにいちゃん」
この3人と わたしはそれぞれ夜道を散歩したことがある

わたしはもともとかなりの出不精なので
よっぽどのことがないかぎり家に帰ったら もう外にはでない
部屋着に着替えたら その日はもう家のなかにいる

でも 出たかったんだね
よっぽど あのひとたちとは いっしょに歩きたかったんだな

忘れたくないなら 忘れなきゃいいのだ
いくらでも会いに行って 歌って 思い出しつづければいいんだろう
手放してしまっても 生きていれば だいじょうぶだ

思い出なんて つくろうと思えばいっくらでも生み出せる
あきらめなければ もういいやっておしまいにしてしまわなければ

しっかし そんなにもお月さんがすきだったのかね
狼男じゃあないんだからさ かぐや姫でもないだろうにさ

この部屋からは萩の月みたいな、まんまるいお月さん見物できるよ
月光散歩のかわりに めし食べ、茶を飲み、語らおう
 
 
ではまたあした
 
 
けいじばん
posted by 杜美 at 19:03| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | むかし、むかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

心理テスト
Excerpt: 心理テストをすると自分の心がわかるかもしれない!しかし、信じるかどうかはその人次第!自分にとって、利益になる判断をしたほうがよいですね。
Weblog: 心理テスト
Tracked: 2005-05-08 11:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。