2005年05月05日

風町ハヤシライス

image/sonohi-2005-05-05T19:17:49-1.jpg

ふくちゃんの手づくり杏仁豆腐 めんこい器はケーキ屋のやつだそうな

実家に帰ってくるとソファで眠る
ふとんの上げ下ろしが間に合わないのだ、わたしの睡眠欲が追っつかない

日中あまりにも眠くなって昼寝をした
起きたらおとんがテレビと格闘中で ハードディスクのデータを整理しておった

わたしが頼んでた「優しい時間」の最終話 「TR」笹川美和さんの回
そして「山小屋カレー」をDVDに落としてもらう

94歳のじいちゃんと92歳のばあちゃんが営む、三重県「御在所山の家」
ふたりの春夏秋冬をひっそり見守るドキュメンタリー

以前夜のニュース番組の特集で取り上げられていたのをみたことがあったが
たまたま数日前に洗濯もの干してたら、きちんとまとまったものが放映されてた

テレビをかけながら向かい合わせでこたつに入って
じいちゃんとばあちゃんが ごはんたべて 茶のんで 晩酌して

片道3時間かけてじいちゃんが買い物にいく 50年同じ店で買い続けている

夜ごはんにお客さんにふるまうカレーライスの調理は ばあちゃんの仕事
翌朝 お客さんに持たせるおにぎりづくりは じいちゃんの仕事

なんでもずけずけ物を言いまくるばあちゃん 寡黙で仕事熱心なじいちゃん

いま 山の家には じいちゃんひとりきり

わたしが前にみた特集番組では じいちゃんが常連客と一緒につくったカレーは
ばあちゃんのに比べてちょっと甘かった とナレーションが入ってたっけな

いつきても そこにいてくれるだれか
いつたべても おんなじ味のカレー

わたしが四万十ユースにいっつも帰りたくってたまらんように
御在所山の家に帰りたいなと 心のどっかでいつも感じてるひとは
きっとたくさんたくさんいるんだろうな

生まれ故郷ではなく 実家があるわけでもなく ましてや嫁ぎ先でもない
でも帰りたくなるのだ なつかしくて、ただいとしくて たまらんのだ

そういう場所は ないよりはきっと あったほうがほどる(あったかい)っちゃ

image/sonohi-2005-05-05T19:17:49-2.jpg

こどもの日だけど週末の母の日のお祝いに ハヤシライスをこしらえた
山小屋カレーをちょっと真似して みりんもいれてみたよ

ここは風の町だ ダチョウも走ってるよ
 
 
またあした
 
 
でんわの道しるべ
けいじばん
posted by 杜美 at 20:36| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | テレビ、みる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山小屋カレー私も見ました!ただ最後だけ見れなくて、どうしてももう一度見たいのです!もしよろしかったらDVDを焼いてくださらないでしょうか。もちろんメディアや送料はお支払いします!是非お願いします!!
Posted by つちや at 2005年07月12日 01:27
はじめまして 書き込みありがとうございます
あのDVDは実家に置きっぱなしなもので、すぐお答えできません
個人的なやりとりに関することなのでよかったら直接メールをいただけますか?
Posted by 杜美 at 2005年07月12日 07:31
「山小屋カレー」私も本日見ました。なんてこと無いドキュメンタリーなんですけど、気がついたら涙している自分がいました。同じ思いの人がいた事がなんだか嬉しくて思わずメールさせていただきました。 いい話でしたよね。
Posted by きお at 2006年01月05日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「こたつ」でブログ検索してみました。
Excerpt: 「 こたつ 」の検索結果で、「そのひ帳 .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。
Weblog: 日刊カタログ
Tracked: 2005-05-10 12:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。