2005年05月05日

車で音楽会

実家に帰ったときしか 車は運転しない

「(曲がり角に入るときの)減速が遅い!」と妹ちゃんらには言われるが
思いっきり下手くそな部類ではないはず たぶん
縦列駐車とか、車庫入れとかとかは得意だよ 前に進むよりすきだ

が、しかし 運転の荒いにいちゃんの車に同乗する機会があると
心のなかではどんよりとした嵐がぐーるぐる渦を巻きはじめる

おかしいことに 女の人だとへっちゃらなんだよね
いくらとばそうが、ブレーキのかけ方がきつかろうが
道に迷って「ナビして」と地図渡されたら 喜んでご案内するさ

でも 男の人にこれされるととても違和感があるわけよ
たとえそのにいちゃんがどんなに好みの顔や体つき、性格の持ち主だとしても
わたしの恋心は一瞬にして蒸発してしまうだろう じゅわっとな

車は酔うことが多いから 長年の習性ですぐ寝てしまうことが多い
だから助手席よりも後部座席のほうが落ち着く
運転は嫌いじゃないけど ぐうすか眠って目的地に着くほうに幸せを感じる

やっぱファザコンだなあ と思うのだ

image/sonohi-2005-05-04T21:13:35-1.jpg

ガストでときちゃんと会った
でっかいピザとポテト ドリンクバーがぶがぶ

ピザはあっつあつ ふにゃふにゃして具が落下するのを防ぐべくお箸、使用

古本屋を2軒はしごする 浦沢直樹さんの「プルートウ」を買う
槙村さとるさんの「Do Da Dancing!」の6巻をみて ぐずぐずべそをかく
 

 わたしのぶんも 踊るのよ
 

〜の分まで生きるとか 〜分までがんばるとか 
そういうとらえ方は好きじゃない

生きものは自分の生をまんべんなくまっとうするしかないだろうし
そこに、他者とのやりとりなんて必要ないだろうと思うから

その時そのときを燃やすように生きるのなら 誰かの分まで構ってられんさ

でも 自分がなんのために踊るかを見出せない鯛ちゃんに
病の身をおしてまで舞台に立ち続けた容子さんがもたらしたこの言葉は
一度へし折られたまんま花も実もつけなかった鯛子のダンス人生に
新しい芽をめぶかせるほどの響きがあったと思う

いつも ここ読むとぐわーって、なる
 

行きはことらがいっしょだったが帰り道はひとりだったので
大音量で音楽をかける そして歌う かってにハモる
音をはずしたって だれが聴いているわけでもない

この自由 この爽快感 車でひとり音楽会 ああ、すばらしい

ライブ会場ぐらいでしか味わえない 音が肌に突き刺さる感覚 興奮
たのしいなあ 車社会のいなかはこういうおたのしみもあるのだ

image/sonohi-2005-05-04T21:13:35-2.jpg

夜ごはんに餃子を焼く つぼみ菜とチーズとツナ入り
これは3回目の焼き上がり 2回目は無残な結果に終わったが
まわりはとりんちでいただいてきた山菜のおかず
「こしちや」で安かった大根とたこ みぞれだこにしたらば、うまかった

それではみなさん よい休日を

けいたい用のみちしるべ
けいじばん
posted by 杜美 at 08:00| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | まんが、よむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。