2005年04月25日

どうして泣くんだろう

環ちゃんが遊びにきてくれたので、朝まで話し込んでいた
そのあと眠って起きて、何の気なしにテレビをつけた

電車が ばらばらになっていた

サリン事件のときも 北海道のトンネル崩壊事故のときも 神戸の震災のときも
9.11も スマトラの津波も 新潟の地震のあと映像をみていると
身体の内側からぐしゃっとなったような感覚が、通り抜けずに固まっていく

家に電話した

ふくは、むかし電車の脱線事故にあったことがあるので
たまに電車や地下鉄で移動することがあっても けして先頭車両には乗らない
電話越しに話をしながら夕方のニュースをみたふくが言ったよ

「こわいんだよ、本当に怖いんだよ あたしわかるもん」

あんなに固い金属がひしゃげて、潰れてねじれている
大きな力がかかって壊された車両と 建物と
痛んだ人たちを 救助しようとする人たちと 報道する人たちと

行った事もない場所で 知ってるひともいないのに
消してしまえば映らないテレビ画面をみながら どうしてわたしは泣くんだろう

なにがこんなに怖いんだ 固まるんだ 動けなくなるんだ?

 
posted by 杜美 at 22:49| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 考えて、みる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。