2005年04月19日

ベランダの子供

image/sonohi-2005-04-19T14:44:37-1.jpg 

↑デイジーの花も、ぼんぼん咲きだした
 
 
ジャングルジムとか、のぼり棒 ネットクライミング
ああいう高いところに上がれる遊具 すんごくすきだった

大きくなってからも、あいかわらず高くて風がつよいところがすきだ

いまは街に住んでるから、電車や、人や、車を見物しながら洗濯物を干してる

まだ実家に住んでたころ 素足を投げだしてぶらぶらさせながら
ベランダで本読んでおやつたべて

おばばに頼まれて菊の花びらをむしったり
じいちゃんがにゃんこと遊んでるのをじーっと見た

洗濯をしてもらうんじゃなくて、家族の分までまとめてする立場になり
煙草を吸い酒を飲み、色だの恋だのでばたつく年頃になったって

そこに出ればいとも簡単に、わたしたちはベランダの子供になる

てっぺんまで登りたいから登るのぼり棒も、
外をみたくてマンションの窓をがらがら開けるのも、

ただ無心にほっぺに風を受けるなら、結局どっちだっておんなじこったろう
 
実家の台所にあった6客の椅子のうちのひとつは、
うちのベランダでさんさんと日を浴びてるよ
足元には煙草客用の、青い壷もある

ここに座って風に吹かれて いつだって子供になろう
 
 
けいじばん
posted by 杜美 at 22:43| 宮城 ☀| のんびり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。