2006年11月03日

ゆくすえとひかるはし

20061008205126.jpg
忘れてた

もくもくと字を書くのは
とてもたのしいことだったんだ

昨夜のいまころコピーをとった紙の束を手に
むふふとひとりでうかれていたらば

ああ、世の中なにが起こるかわからない
いっぽんの電話で頭がぐるぐるいいだしたさね

そして今後の行く末すらも

さっき宮城のおうちから荷物が届き、わたしが京都にきてから実家に届いた郵便物を手に取った

手に取って触れるもの、
耳に届くひとの肉声

わたしが安心できること

ちかごろは夕方までのシフトばかりだけど、夜になると橋はぼわーんと光り出す
posted by 杜美 at 20:49| 宮城 ☀| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。