2006年10月19日

自転車と橋とお箸


京都にきて半月とちょっとたつ。

わたしはまたもや仲居をつづけている。

職場の宿と寮がけっこう離れているけど、ようやく自転車も手に入ったのでらくちんだ。

観光名所が近所にあるからといって毎日あしげに通うわけもなく、毎度のごとく、結局どこで暮らそうとわたしの日常などそんなにかわらない。

晴れた休日には、そうじして洗濯してごはんをつくり洗いものをして、夕方のドラマの再放送を見終えたところで買物にでかける。

なすがてんこもりで68円の業務用スーパーでは、野菜や缶詰買い過ぎて。
あわてて折りたたみ自転車のちっさい荷台に段ボールをくくりつける。

落ちやしないかとはらはらしながら、橋を走り抜ける。

なすと水菜のスパをこしらえて、のだめカンタービレをみながらいただく。
のだめの部屋の腐りっぷりを忠実に映像化していたな。とぐろを巻いたクリームシチューなど。

おとなりさんがお帰りだから、スパをおすそわけした。
おとなりさんは水菜がすきだといっていたから。

昨日はおなじ派遣会社のフロントの子・かのんちゃんがあそびにきてくれて、もりみうどんをずーるずる。

かのんちゃんのじいちゃんが作ったという、塗りのお箸や匙をいただいた。こんなよきものこしらえるなんてすげーなあ。

Drコトー診療所をみながら、わたしはそのお箸で白めしをかっこむ。
posted by 杜美 at 22:54| 宮城 ☁| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。