2006年06月14日

考えんでもよいけれど

宮城に帰ってきて、1週間がすぎた。

このパソコンで更新するのもひさしぶりだな。
3ヶ月の携帯オンリー生活によって、ますます携帯ぎらいになったさ。
 
仲居生活に突入してから、世の中ではいろんな事件があった。
わたしが宿のおばちゃんとの戦いにめらめら闘志を燃やしてるあいだにも、何人ものひとが殺したり殺されたりしていた。

夜、仕事が終わってからニュースをみてるとよく報道されていたのが、被害者が綴っていたブログ。

なんだかなー、いやだなあって思ったよ。
亡くなったあとにこうして全国公開されちゃうなんて。
読んでしまった側としても気持ちのよいものではないぞ。

事件の解明に必要なのかもしれない。
知りたいひとも少なくないかもしれない。

でも、わたしはもやもやしたんだ。大いに。

とはいえネット上にのせてるってことは、日本のみならず世界中に向けて発信しているわけでさ。いま無数にあるブログの作者はそのことを承知してるんだよな。わたしもふくめて。
 
そして日常を、感情を、情報をネットの大海原に放流する。
だれが目にするかなんて気にもしないで。

なにかを伝えることよりも、
伝わりすぎてしまうのがこわい

半年にいっぺんくらい、そんなことを考えてはどつぼにはまる。
(妄想族の特徴……考えなくてもいいことを考える)
 
 
*今日のできごと*
 
1・前夜のW杯残り9分で3失点のショックで発熱
2・携帯電話を紛れ込ませたまま、洗濯機のスイッチ・オン
3・財布と車の鍵をなくして、1時間ほど探し回る
4・「マトリックス・リローデット」をみて泣く
5・約1年ぶりに、かつおのマリネを作る
 
すんでのところで届いたメールの着信音のおかげで、携帯は無事でした。鍵はそれぞれべつのところからみつかり、マリネは冷蔵庫で明日を待っています。
 
posted by 杜美 at 02:45| 宮城 ☁| のんびり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。