2006年02月17日

海は見てません、まだ

到着早々、おかみさんに言われた。

「じゃあ、今日から入れる?」

仕事で使うスカートも、すね毛をそるための剃刀も、荷物を置いてから買いに行くつもりだった。

どうやら相当な人手不足とみた。

スカートとエプロンは借り物で、ミーティングでの自己紹介のひとつもせぬまま、着替えて化粧して、もりもり働いてきたさ。

え、すね毛?
無論そのままさ。

どんな仕事もだけど、仲居はとくにはじめの10日がしんどいはずが、そんなの思い出す余裕もないほど、ふつーうに働いた。

そもそも初日から部屋出し(夕食の)をさせていただくなんざ、まずありえないことだしな。

客室の窓からは、夜の海がみえました。真っ暗だったけど。
posted by 杜美 at 04:43| 宮城 ☁| びっくり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。