2005年11月30日

沖縄、鍋とプリン

「ホテル・ハイビスカス」をみてる。
 
いまは主人公の美恵子が、父ちゃん訪ねて三千里をしているところ。
行ったことなどない沖縄の土地の、緑と青と、土の色。山積みのパイナップル。
 
1月はわたしの誕生月で、なにかと交通機関のチケットが安い。
ちょうど仕事も区切りがつくし、さてどこに行くべかねと考えたが、最終候補に残ったのはやはり南国の島々であった。
 
そして総合的に検討を重ねたすえ、沖縄は落選した。
 
行ったことないのに偉そうなこと言えんのはわかってる。
けど、沖縄はさ。旅行で数日行っただけじゃ、わたしはきっと、帰って来るのがかなしくてかなしくてしょうがなくなりそうな気がすんだ。
 
子供のとき海に行ってさ、海の見えない町に帰り着く途中のあのさびしい感じがいやで、大きくなってからもずーっと海に行かないでいたみたいに。
 
せめて、半月から1ヶ月くらい、のんびりしてみたいと思うのだけど。
そう思ってるうちにぽっくり死んでしまったらいやなので、せめて30になるまでには訪れたい。
やりたいことには期限をつけとくといいそうだしよ。
 
那覇空港ちかくにあるという豆腐屋がやってる食堂で、定食をたべたいのう。
(先週、アエルに献血しに行ったときにみた雑誌に載ってたのん)
 

 
思いがけず休みがふえて、おとといは美味しい弁当を持って、自転車であかりちゃんちまで走った。
 
昨日の朝。

東口にあるのだいすきなまんが喫茶で、ホットサンドをたべながら「砂時計」をみて泣いた。
ソフトはいくらレバーをひねっても出てこなくて、うんうんいってたら、店員さんがキャップを取り忘れたのに気づいてはずしてくれた。出てきたソフトは圧縮されすぎていて、それこそ巻きうんこのようだった。
 
ジュンク堂でばななさんの「王国」の新刊を買った。とりと、葉ちゃんへの贈りものみつくろった。
 
夕方。

家に帰るとなぜか部屋があたたまっていて、ふくちゃんが「おかえり」と出てくるじゃないか。あら、びっくりよ。
 
夜。 

働かざるもの食うべからず。洗濯しながら、ふくちゃんといっしょに鍋のしたくをすませたころ、仕事帰りのとりこ到着。ジム帰りの葉子もやってくる。
 
女5人で、なべつつく。食後はプリン。
 
夜中。

バイト帰りの環ちゃんがやってくる。なべを挟んで、朝までおはなし。
寝起きのわたしもふたたび箸を持ち、ばくばくと鍋をむさぼる。
 
そして今朝。
 
広島の女の子の事件の犯人が捕まったというニュースをみてから、ふとんにもぐりこむ。
 

 
11月も、もうおしまい。
 
毎年この月は気が抜けない。そうやって、構えてしまうのがよくないのか。
2005年の11月も、なんとか乗り切った。ふいー。おつかれさん。
 

 
言葉にばっかりたよるな、と言われたところで、
わたしはどうしたって、言葉で伝えたいと願わざるをえない。
態度から汲みとれと諭されてもなお、その口からもれる言葉を待ってしまう。

そういうあのひとが生活から音楽を切り離せないように、
わたしは言葉の力を捨てきれない。
 
だからどうか、わたしからいろんなものを削り取ろうとしないで。
posted by 杜美 at 18:38| 宮城 ☀| 会った、ひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。