2005年12月31日

いつものように

わたしがいま住んでる寮は宿屋の駐車場に隣接している。

昨夜の大雪は、くそ高い年末年始料金を払って泊まりにきたお客さんの車に、まるで布団をかぶせたかのように降り積もった。

真っ白い、ふかふかのふとんだ。

その景色は見ていてほほえましいが、寒いのは、もういい。寮から宿までのほんの数分の距離を歩くとき、わたしは口走ってしまうんだ。

もうさむいのあきた、と。

だからぜひともあったかいところに逃亡したい。

ああ、もうすぐだ。

たのしみがあると働く意欲も湧き出るものだ。約束の日まできちんと働こうと思う。


あと1時間で今年もおしまいだけど、なんの実感も感慨もない、いつもと変わらぬ夜だ。
こんな淡々とした大晦日ははじめてだなあ。ただの365分の1日ってかんじで。

『ばらいろポップ』を流しながら、この音楽を聴いてていたこの数ヶ月を、ちょっとなぞってみただけで。

着物をぬいでお化粧落として、風呂に入って湯たんぽを準備したらば。目覚ましをセットして眠ろう。

いつものように。


posted by 杜美 at 23:02| 宮城 ☀| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

一平ちゃんむくむく

寝て起きて、ものの15分であっさり支度がすんでしまい、まだ出勤まで時間がある。

昼間は日差しがぽかぽかで、窓辺でごはんたべながら『るるぶ高知』をながめる。

お昼は屋台の一平ちゃんである。久々のからしマヨネーズ味。

肉筆のものの、力について考える。

電話ともメールともちがう個別、独自のありがたみ。

この宿で働くようになってから、いただいたお手紙を思い起こす。

まったく返事が書けないままで、日に日に申し訳ない気持ちでいっぱいなのだけど、今日はいまならみんなにお返事書けちゃいそうだなあ、と漠然と思えてきたんだ。突如として。

実際はうたた寝して目が覚めたらもう夕方になっていて、現状はなにも動いていないけれど。

『書けそうな気がする』

そのように気持ちがむくむく回復してるであろう手ごたえが、なにやらとても嬉しかったのだ。

自分のことなのに、おかしいかな。

届いたお手紙は、わたしの枕元にいつもある。

もうすこし、待っていて。


では、いってきます。


posted by 杜美 at 17:30| 宮城 ☀| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

こたつプリンヨーグルト

image/sonohi-2005-12-27T00:33:21-2.jpg

明日は引っ越しである。

このくそ寒い季節に、
しかも年末に、
そして妹・みりの誕生日に。
 
だがしかし。
 
本だのまんがが詰まったダンボールが押入れで待機しててさ。
食器や調理器具がない(梱包ずみ)からコンビニ食に頼ってるくらいで。

手伝いにきてくれた母・ふくは台所用品をつめてくれたが、わたしはといえば片づけ・荷つくりもそこそこに病院行ったら、そこで散々時間をとられてしまう。しかも安静にしているようにとのおふれまで出たため、宿屋に電話して休みをもらい、夕方からはなにもせず茶の間でのほほんとする。
 
ほか弁で夜ごはんをすませると、おもむろに暖をとりたくなり、引っ越し前日になってようやく今冬はじめてこたつを設置。ふくちゃんと、みりと、3人そろってほっくほく。いい気になって、ふくちゃんの実家に電話までかけた。
 
そうして夜もふけ。みりは帰り、ふくちゃんは眠り、わたしはたぶんこの部屋で最後のそのひ帳を更新している。
 
ストーブでは柳宗理さんのやかんが、しゅんしゅんとお湯をわかしてくれている。
テーブルには宮本輝さんの「にぎやかな天地」の上巻と、じゃがりこサラダ味がのってる。
「クローバー」の11〜16巻をさっきまで読んでいた。
(14巻は買ってない。ブックオフで1冊だけぬけてたわけよ。)

冷蔵庫には、画像のヨーグルトとプリンが待機中。

明日のお昼はストロベリーコーンズでピザを頼む予定。

ふくちゃんとみりは、歩いてすこしのとこにある古着屋へ出かけるんだそうだ。
ことらは学校に行くらしい。午前中は映画を観に行きたいとか言ってたし。
わたしは午後には宿屋に戻る。年明けまでの怒涛の連続勤務が、ついにはじまるので。

 
…こんなんでほんとに明日、この部屋はもぬけのからになるのだろうか。
 
O型家族はこれだからまいるな。
大ざっぱ。時間の見積もり下手。わが道をゆく。
 
でも実をいうとそんなにきらいじゃないのだ。このゆるみきった空気。
 
 
どうにかなるさ
なんでも

どうとでも
どこへでも

どのようにでも、
きっと。
 
 
posted by 杜美 at 01:14| 宮城 ☀| のんびり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

ごはん友だち

吹雪いてきた。

休前日だから宴会もスタートが遅い団体が多い。この雪で、到着がさらに遅れたりしなきゃいいな。

仲居にとって、担当する客の到着が遅いってのはたいへん困るのである。

気が気でなくなるのだ。セットから料理から、すべてあらかじめ伝えられた到着予定時刻をもとに動いてるからさ。

イレギュラーな変更に対応してなんぼだろうけど、やっぱ自分のペースっつうものが守りつつ、いい仕事をしたいしな。

とはいえ、わたしは担当する団体すらないヘルプなので、いまもこうして寮に一時帰宅中。

外では除雪車が、轟音をとどろかせて駆け回ってるよ。



今日の昼まで連休で、部屋に帰っていた。

帰宅した翌日から体調がすこぶるわるくて、ほとんどふとんにくるまっていた。湯たんぽがおともだちだった。

休み最後の夜に、とりこと葉ちゃんがごはんをたべにきてくれた。

昼間からことこと煮含めた大根に、鱈のあんかけをかけたやつ。
絹豆腐に、いかオクラ納豆をかけたやつ。
かぼちゃとじゃがいもときのこのチーズ煮込み。

たべてから、買ってきてくれたおやつをたべてたら、あかりちゃんから電話。いまから来るという。

しばしたってから雪のなか、仕事帰りでスーツのまんまのあかりちゃん到着。

葉ちゃんが初対面。とりは2回目である。

『(わたしが)おとこのひとと一緒にいる場面、はじめてみる〜』

と、色めくふたり。

俳優顔とお世辞を言われて、ほくほくのあかりちゃん。

こういう機会も最初で最後だろうと思いながら、あかりちゃんのごはんを運ぶわたし。


だいじなひととは、だいじなものとは、会えるときに、出会わなくてはいけないのだ。

いつ会えなくなるかなんて、わかりやしないのだから。だれも教えてはくれないのだから。


そう思いながら、昨夜はふとんに入った。


では、宴会の手伝いへ。


posted by 杜美 at 17:22| 宮城 ☁| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

音信開通

わたしにはあったかくて、いいにおいのする、ひとやものや場所があるんだから、これくらいどうってことないはずだ。

と、すっかり見切りをつけて、あきらめてみたらばとっても清々しい気持ちになり。

とりあえず最後にもいっぺんかけてみっかと思った電話が、予想外に通じてしまった。

あら、びっくりよ。
なんなの、このタイミングは。

もちろん相手は自分が悪いなんて、これっぽっちも考えてはいない。

いつだってわたしに原因があると、あのひとは言うけれど。
そうじゃないんだと確信を持ったとたん、ものすごーく楽になった。

ふりまわされぬよう、けして忘れてはいけないのだ。

ひとや自分を責めてるひまがあるなら、部屋のそうじをしてすこしでもよい空気を吸い込むべし。


posted by 杜美 at 23:49| 宮城 ☀| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

音信不通と夜のお茶

どうしても連絡をとりたいのに、さっぱり音沙汰がないときってどうすればいいのだろうか。

携帯電話にメッセージを残そうが、履歴を残そうが、向こうは折り返す気はまるでないらしい。

わたしがどんな用件でかけているか知っていて出ない。

ばななさんの『デッドエンドの思い出』のさ、主人公の婚約者みたい。

いつまでたってもずーるずる。いやことを先のばしにする。

わたしはいやならさっさと済ませてしまいたいので、今回は相手のペースにのまれたくはない。

だが、こうして遠く離れた場所で悔しがるしか術がないのだ。いまは。


昨日買ったドンクのココナツタルトが、まだはんぶん残ってる。

さあ、夜茶しましょう。お風呂に入ったら。


posted by 杜美 at 23:44| 宮城 ☀| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

続・電話とハヤシ

パソコンで、と言い切ったくせに携帯から。

昨夜またもや、ぷりぷりがつーんと怒ってさ、風のように帰ってったひとがあって。これまたげっそりと消耗してしまい、パソコン触れずじまい。

画像をのせたころは、まだ元気だったのだ。

ハヤシライスを作ってて。
あの子にたべてもらいたいな、よし、電話しよう!と茶の間に携帯をとりに行ったらば、その本人から着信があったの。

こういうのってたのしいなあ。細胞が生き返るよな。

役所広司ずきなので、『SAYURI』を観てきました。午前の回だから1200円。

売れっ子芸者役は外国人女優さんに占められており、工藤夕貴が『おかぼ』と呼ばれる芸者に扮していた。かぼちゃに似てるからだそうな。(ひどい)

こんばんは、ありがとうなどのあいさつはそのまま日本語なんだけど、主演の女優陣がどうにもたどたどしい発音でさ。おかしかったわー。

桃井さんの意地悪っぷりもしかと拝見した。

強く願い、心に誓う。
あのくらいまっすぐに想いを貫けるなら、たとえ叶わなくとも案外幸せなのかも。

わたしの決心も細くてもろすぎるから、いちいち揺さぶられてしまうんだ。

もっと太く、強く。
でもしなやかさも忘れずに。
posted by 杜美 at 23:03| 宮城 ☀| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

電話とハヤシライス

image/sonohi-2005-12-14T20:58:30-1.jpg追記します、パソコンで。

posted by 杜美 at 20:58| 宮城 ☁| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

ふたりといっしょ

こういうふうなひとになりたいなあ

と感じてるおふたりと同じフロアで、昨夜と今朝と働いた。

いちばん長くこの宿にいるのに、わたしみたいな下っぱにも気さくなMさん。

このひとといっしょだとちょっとした空き時間には、みんなでお茶っこのみするの。Mさんが持ってきてくれたお菓子つまみながら。

Yさんはわたしよりあとに正社員ではいったおばさんだけど、物腰がたおやかで接客してるときの感じがとっても心地よい。
わたしだったらこんな仲居さんに担当してほしいさ。

忘年会シーズン真っ只中でございますが、今年の傾向といたしましてはやはり、黒い革のコスチュームに身を包んで、

『ふぉーっ』

と叫んでおられる方が多く見受けられます。

昨日のお客さんなんて、となりの宴会場に誘われて『ふぉーっ』とやってたよ。みんなたのしそうだった。

ずっと降ってた雪が弱まって、陽も出てきた。窓辺にいると背中がぼかぽかする。



posted by 杜美 at 10:58| 宮城 ☁| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

リプトン日和

さて、これはがんばらないといかんぞと気張ってるときに
『がんばるな』という便りが届く。

ああ、そうだった。
わたしが気を吐くように頑張るとろくなことにならないのだった。
便りの主はそれをよく知っている。
ありがたいことだ。


ここんとこ毎日魔法瓶(この呼び名すきだなあ)に、リプトンの紅茶をつくっておいてる。ピラミッド型になるやつ。

いまは海外旅行したいとはまったく思わないが、イギリスのアフタヌーンティーなるものはいつか体験してみたい。

一週間毎日べつべつの家のお茶に呼ばれて、特製のおやつやサンドをいただくのさ。まあ愉しそう。

しかしとんでくわけにはいかないので、ゆべしとリプトンで和むべし。


posted by 杜美 at 10:22| 宮城 ☀| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。