2005年10月26日

馬、千草鍋をたべる

image/sonohi-2005-10-26T13:33:43-1.jpg←仲居はあんよのお手入れがかかせません

休みをいただいたので、家に帰りました。滞在時間はちょうど1日。昼過ぎに着いて昼過ぎのバスに乗ったのよ。

たまった郵便物の仕分けや銀行・郵便局の手続き、日用品の足りないものを買いにいったらもう夜ですわ。くつろぐひまなどありません。

携帯でんわのクリアボタンの調子がわるくて、ショップに持ってったら代用品をわたされて。いまそいつでこれを打ってるんだがよ。いずいね、やっぱ。

葉子んちにちょこっとおじゃましてお話した。『やせたねー』と言われたわ。ことらにも。仲居はじめると最初はやつれるんだよね。でもひと月もすると太るんだな、これが。

夜ごはんは野菜不足がつづいてたため、千草鍋にしてこれでもか!ってくらいたべた。馬のように、無心に。

まだどっさり余ってたので明日野菜うどんにしてしまおうと思ってたらば、23時半すぎにもなって仕事帰りのあかりちゃんが電話よこして、『いまから行ってやっか』と言う。

なんの気まぐれだろうとたまげた。鍋を温めて出したがまさかこれ全部は食べないだろうと思いきや、あとかたもなくたいらげられてしまい、なんだか釈然としない。


長いこと会わないでいるとそろそろ会っておきたいなと思うのだけれど、いざ顔合わせてみると、あんまりうれしいと感じないってどういうわけなんだべかね。

わたしは言われた言葉はそのままでしか受け止められないから、いつもばかみたいに耳をかたむけている。でも、あかりちゃんはわたしにほんとうのことを言わない。聞いてもあっさり流されるだけだ。

だからわたしはどうすればいいかわからなくて、途方に暮れる。自分のことを話そうにも、あのひとはわたしに起こったことには興味がない。そうしてわたしはどんどん諦めてゆく。

わたしのことおもしろいいきものだとおもうかと、訊ねたときにあかりちゃんがこくんと頷いてから、5ヵ月がたつ。

あのころそとは五月晴れだったのに、もはや秋晴れにつめたい風がまじる。 わたしは風邪ぎみで、連日鼻をすすりながら着物で働いている。

*

けどね、さっき週刊マガジンの『あひるの空』をみながらぐずぐずいわせてたのは、鼻水のせいじゃないのだよ。

バスケの試合のね、あの空気。わたしもいまだに夢にみる。


posted by 杜美 at 13:33| 宮城 ☁| まずは写真だけ(追記まち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

おっぱいではない

image/sonohi-2005-10-22T12:11:35-1.jpg↑桃色乳首というタイトルにしようと思ったが、あんまり直接的すぎるのでやめました

この宿屋で働きはじめてから10日たった。
どんな職場でもそうだと思うけども、なれるまでが大変でございますが。なんとか落ち着きつつあります。

毎日中抜けの時間には、借りてきた前日の新聞を読むくらいのゆとりは作れるようになった。

毎日・朝日・読売・河北新報(宮城のローカル紙)、おなじ記事でも情報量に差があって興味深い。

『エデンの花』が『スラムダンク』『リアル』から試合の描写を盗用したという記事は、朝日がいちばん扱いがでかかった。

たしかアメリカにいた頭がいい兄ちゃんと、日本でいじめや虐待てさんざんな目にあってる、生き別れのめんこい妹の話だった気がするんだけど。

わたしは兄ちゃんの友人がすきだったんだよね。本誌でそのひとの視点から描かれた番外編を読んで、ブックオフでコミックを立ち読みしたはず。

あれが絶版か。いま連載中のも中止なんでしょ。近未来の話だったよな、たしか。なにも『エデンの花』の絶版だけでいいような気もするけどね。甘いかしら。

かつて多田かおるさんが突然亡くなって『イタズラなkiss』が未完のまま終わった。いまもまだ、とても残念でならない。

『ガラスの仮面』は美内さんが『ダウ゛ィンチ』で今後の予定について話してたから、ちょっと安心だ。あとは美内さん自身に気を吐いていただくしかない。ラストはずいぶん前から決まってるそうだ。

しかしさ、漫画界での盗作は作者の息の根を止めるかのごとく、こんなにも厳しい対応がなされるのに、なぜ歌の世界では黙認されがちなんだ。詞だけでは盗用にはあたらないのかな。温度差のちがいなのかな。

ああ、いま打ちながら壁にもたれて寝てしまったわ。今朝は5時起きだったので、ちょっと寝ます。今夜は料亭のヘルプ。土日は慌ただしい。

posted by 杜美 at 12:11| 宮城 ☁| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

桃色アイス

image/sonohi-2005-10-18T23:42:42-1.jpg↑ビバオールを探そうと、仙台にきてた透子が言ったのはいつの夏だったかな。

昨夜は宴会終了のお見送りの際に、よっぱらい(宴会のお客様)ふたりにほぼ同時に抱きつかれ、たいそうな目にあったわ

片や頬擦り→鯖折りじみた抱擁→持ち上げられ(足つかないくらい)、もひとりにはハードゲイとかいう、わたしのにがてな芸人さんのような腰つきでかかってこられた。おかげで背中と腰を痛めたっつうの。

接客の仕事をしてるといろんなひといるけどさ、いままででいちばんはた迷惑なできごとだったね。品性なんぞほんのひとかけらも見い出せない。

避けられなくて悔しいし、片付け手伝えなくて申し訳ないし、動いてもじっとしてても痛くて明日からどうしようと不安になって、わたしははらはら泣いてしまった。べそかきながら洗い物をした。

部屋に帰っても気が晴れないなか、おともだちの電話の声にじわじわ栄養をもらうことができた。お守りみたいなメールまで届いた。うつらうつらしてたら、夜中だってのにやけに元気な電話まで。まあなんとめずらしい。

さらにここ数日ずっと気にかかってたことのけりもついて、さあ今夜も宴会だと張り切るも、大どんでん返しはいちばん最後に。

ヘルプで入った団体が部屋に戻る際、昨夜わたしが助けを求めた地点からほんのすこしのところで
『もしかして、○○○○?』
と、わたしをフルネームで呼ぶお客様がおったわけさ。

なんと中学の同級生じゃあないか。その兄ちゃんは紛れもなく、その昔おんなじクラスだった子でよ。

いっしょにいた仲居さんめ巻き込んで、ふたりとも大騒ぎですよ。『なにしてんだ』って4回ぐらい言われたわい。

これまでと違って県内だしさ、知り合いがいてもおかしくはないし、覚悟はしてたがいくらなんでも早すぎやしないか。まだ1週間ですよ。しかも昨日も今日もおんなじ宴会場。
あすこを今日から『びっくりの間』と呼ぼう。

わたしがなんぼ穴ぼこに転がり落ちても、だいじょぶかと気にかけていてくれるひとを思い起こせるうちは、まだまだやっていけるんだな。

削れてしまった部分だって同情を乞わずに見知っていてもらえるってのが、ありがたくてたまらなかったのです。どうもありがとうね。

コンビニに買物行ったら、とこがさがしてたビバ・オール発見しました。
子供んとき、よくたべた桃色アイスです。

posted by 杜美 at 23:42| 宮城 ☁| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

紅茶週間

image/sonohi-2005-10-17T14:18:19-1.jpg
気質的に、わたしは仲居には向いていないと断言できる。

宿の仲居には圧倒的なスピードと協調性が求められるのだ。そのどちらもわたしには欠けてるものなわけさ。

協調性がないというと語弊があるかもしれんけど、ほかのひとの早さについてくのが無理だったり苦痛だとしたときに、頑張りすぎて失敗するくらいなら遅くてもちゃんとしようとしてしまう。

決められた手順通りものごとをこなすことが苦手だし、元々無駄な動きが多く動作ものろい。すごい勢いで作業をこなすひとを見てると、手を止めて感心したくなる。

ギアをトップに入れるのを、あっさり諦めてローのまま自分の回転数を維持する癖がついてる。

すきな手順と思い通りの流れで仕事をして、お客様が喜んで下されば、それがいちばんだ。わたしもそうできるのが理想だけどさ。

ひとりで宴会や部屋食を担当して、お客様とおはなしがちょっとでも弾むととてもうれしい。

たったひと晩でも、だれかの暮らしなかで企画されたおたのしみコーナーに関われるのが、わたしにとっては喜ばしいことだ。

いまいる寮の窓からみえる景色は、うんと気に入ってるんだよ。武田真治の映画『大いなる幻影』のひとコマみたいで。



昨日は雨上がりの昼下がりに、まことちゃんとお茶っこのんだ。つめたいミルクティーを買った。

どうやら今週は紅茶週間らしい。

posted by 杜美 at 14:18| 宮城 ☀| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

異邦人の紅茶

image/sonohi-2005-10-16T00:09:53-1.jpg 
まいんち汗だくで、ばたばた走り回っています。

現在、わたしは県内のとあるお宿で仲居をやっております。

仲居というのは朝早く夜は遅い、とまあ一般的にはこんなイメージがあるでしょうが、まさしくそのとおりなのよ。

中抜けシフトといって、朝食の片付けがすめば一旦帰宅して、すこし休んでまた出勤。夕食の支度しながらお客様のお迎えの準備をすりわけさ。

久々の中抜け時間は予習と復習(覚えることが山ほどあるので)と、ごはんをたべる、もしくは買い物なんかをしてればあっというまに終わってしまう。

仲居するのは二度めなんだけど、不思議なことに生まれ育ったはずの宮城で働いてるのに、自分が異邦人みたいだ。

まずは単語が通じない。ようするに、物や人の呼び名がまったく違う。
わたしが以前の宿で『はこび』と呼んでたものは「ばんじゅう」、『お付き』は「先生」なのよ。(ほかにもあるけど思い出せない)
 
働いてるひとやお客さんのなまりだってすんなり聞き取れるし、出てくる料理や売ってる土産もみ
posted by 杜美 at 00:09| 宮城 ☁| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

からっぽの部屋

image/sonohi-2005-10-11T18:36:31-1.jpg↑はじめまして、にゃんこさま

あたらしい巣に着いて、まずは窓を開けた。こもってる空気にわたしはしこたま弱い。息苦しい場所だとぼーっとする。

なーんもないがらんどうの部屋で荷ほどきもせずに呆けてたら、にゃんこが窓辺で鳴いてた。
カーテンをちょんちょんいじってる。近寄っても逃げない。
毛並がいい猫で、撫でてると毛がつるつるふわふわで、うっとりする。

なかよくなりたいもんだ、うっしっし。 

運よく自転車を運ぶことができたので、こちらでの生活も楽しめそうだ。いろいろと。

ちょっと行くと川があり、水辺の音がするのがうれしい。来る途中もさ、山に近づくにつれ緑色の占める割合がふえてくさ。わたしは山に飢えてたんだなと気づかされるのだ。

ひねくれず、へこまずに、できることをひとつずつこなしていこう。
テレビをみるかわりに、遠くに住んでるひとたちのことを考えていよう。

posted by 杜美 at 18:36| 宮城 ☁| おでんわぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナルトを食われた

image/sonohi-2005-10-11T00:32:41-2.jpg
 
明日からしばらく家を離れるので、かんとおそとめしへ繰り出した
 
あまりに寒くて身体が温かいものを求めたのか
幸楽苑ってラーメンのチェーン店へ、自転車をふっとばす
 
途中 薬局へ寄ってトイレットペーパーを買おうとしたものの
荷物になるので帰りにしようということに
 
しょうゆ味のラーメンは年にいっぺんぐらい、無性にたべたくなるのだ 
ふだんは味噌か塩ばっかりである もちろん半ライス付き
 
ほぼ満席だったけども、お店のおねえさんがとても気持ちよい方でさ
腹いっぱい・胸いっぱいで、すがすがしく店をあとにする
 
でもことらにナルトを無断でたべられた たまにたべようとするとこれだ
 
ブックオフへ出向いたが「医龍」は、なかった
でも「ジパング」が10巻まで100円だったので大人買いしました
大人ったってわたしの場合、総額はたかがしれているのだが
 

 
今日 ヤングユーが休刊になると知ってとてもおどろいた
良質な作品を多く生み出してる雑誌だからさ なんで?と思わざるを得ない
わたしがすきな連載ものは、YOUやコーラスに引き継がれるらしい
 
すきなものが失われてしまうって かなしい
たとえどうしようもないことだとしても さびしい
 

 
これからしばらくのあいだ
そのひ帳は主に携帯からの更新になると思います
パソコン環境にいられないからであって、やめるつもりはございません
 
ちょいとばかし、宮城県内の某所において働くことにしました
また着物を着てばたばた走り回るのです
転ばぬようにだけ、気をつけます 畳の目には要注意
 

 
したがって 現在よその県でお仕事中のあかりちゃん(明日帰ってくる)とは
ものの見事にすれ違いだ 残念だ ちょっとくらい生声聴きたかったさ
 
携帯の通話だといつも 焦って慌てて なに話すかいつも忘れてしまうし
 
お守りの効力は とっくに失われてしまっているけれども
あんなにお肉ばっかたべてて、痛風への道まっしぐらではないかと
勝手に心配ぐらいはしても構わないだろう
 
いまだにあの声には魔力があり、その骨類も思わず拝みたくなるのだが
いずれその力も あっさり失われてしまうだろう
長年温めてきたお守りが ある日突然その効力を発揮したみたいにさ
 
そしたらそんときは
追うことも追われることもなく
慌てず さわがず 淡々と
 
ことらと3人でテレビみながら
このへやのこたつで 鍋でもつついけりゃいいと思う
 
posted by 杜美 at 01:37| 宮城 ☁| おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

雨のお客さま

image/sonohi-2005-10-04T20:29:05-2.jpg
 
先週末から、お客さま感謝デーが繰り広げられている 
 
昨日の午後に、次女・みりがやってきて いっしょに昼ドラをみて
夕方には、葉子がケーキ持って遊びに来てくれて
夜ごはんは、ことらと葉子とわたしと 3人でもぐもぐいただいた
 
煮物と、ごまもやしの和え物と、ハッシュドポテト
野菜ばっかでごめん 雨ふりで買物にでかけそびれたのですよ
 
コージーコーナーのタルト3種を、みんなで変わりばんこにたべながら
「笑ってはいけない高校」をみたのはいい
 
わたしは笑いすぎると、ぜんそくのひゅーひゅーが出る
気管支が、ばか笑いに追いつかずに酸素の供給が滞るためであろうが
 
いやはや くるしかったわー 今回も
「笑ってはいけない温泉宿」のときも大変だったけどさ
 
葉ちゃんとふたりして笑ったわらった なみだ出たもん(でも左眼からだけ)
 

 
ちかごろ、めっきり頭の回転がにぶい
なんでもひと呼吸遅れてしまうのだ なにかにつけて

だから自分以外のひとと一緒にいると、自分ののろまさ加減にいらいらする
言わなくていい言葉でその穴うめをしては、ますますどつぼにはまる
 

 
「NANA」ドラマ化だってね 土屋アンナが黒ナナらしいが、果たしてハチは?
原作ものの実写版は、キャストさえはずさなければ80%成功する
 
そういえば映画のペアチケットが当たりました 伊藤英明主演のやつ

映画はひとと一緒に観れないもんで、もういちまいはひとにあげることにした
仕事帰りに顔を合わせる、国分町のパーキングのおっちゃんに
いつも映画の話をしてくれるから、お礼がわりにプレゼントしよう
 
すきなものがあるとただそれだけで、あっさりだれかとなかよくなれる
 
posted by 杜美 at 00:42| 宮城 ☁| のんびり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

たんたん、ちんまり

そのひ帳のトラバとコメントを、受けつけない設定にしました
なにかお気づきの点がありましたら、どうぞ直接メール・もしくは掲示板へ
 
以前もおはなししたけども このそのひ帳は
ブログという道具をつかった、身近なひとたちへの日常報告(=日報)です
 
そんなもん直接本人に言え、と言われてもしょうがないけどさ
みな近所に住んでるわけでもないし、全員に手紙を書くなんて途方もないし

そしてなにより ブログだと迷惑がかからない
メールや手紙のように「返事をしなくちゃ」と思われることなく
知りたいときは読んでね、って言えるのが気に入ってるのさ
 
アメブロからシーサーに移ったときに 他にもブログを立ち上げてみたけど
ほかのふたつは閉じました なぜかって?
そりゃ 数ヶ月放置しっぱなしで まったく更新してないからですよ
 
数年前、わたしのなかでは 「ネットは怖い」ところでした
 
いまもね たまにそう思うこともあるけれど
たとえばそのひ帳をネットで流していなかったら知り合えんかったひとと
やりとりさせていただくことで 温かいじんわり気分を味わえたときなんかにさ
 
できなかったはずのことだってできるんだ、って知れたのがうれしいです 
 
今月中旬からしばらくあいだ パソコンの環境が変わるので
これまでのように長々と、こまめに更新できないと思われますが
そのひ帳はこれからも続きます
 
淡々と 
こぢんまりと 
 
posted by 杜美 at 17:52| 宮城 ☔| おしらせ、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かしこい娘

image/sonohi-2005-10-01T16:51:40-2.jpg
 
さあ、10月です もうおしまいであろう朝顔に したたるは秋の露
 

 
近所の八百屋で 立派な大根を買うべくレジに並んでたら
おばちゃんに「どうやってたべるの、お嬢さん」と声をかけられた
 
鶏肉と煮付けようと思って、と答えたらば
「あらー、かしこい娘さんだこと〜」とほめられた
 
賢くありたいと、思ってはいるんだけどね
実際のところはなんとも言えんね
  
* 
 
夜ごはんを出前にいったらば
ささいな言葉のやりとりが原因でへそを曲げられ 
 
「おまえのつくっためしなんて、もうぜったいたべない」
 
うわ、こんなこと言われたのはじめてだなあと
わたしは淡々とびっくりしちまったのだった

でもどう反応すればいいかまったくもって見当もつかぬもんだから
その場から動けなくて固まった 地蔵のように
 
すったもんだ言い合った挙句 結局はテレビをみながら一緒にたべた
 
汁物は「美味しんぼ」に載ってた わかめとにんにくのスープ

牛脂でにんにくをこんがり炒めて 鳥ガラスープを煮立てて
わかめとごま油いれて、塩こしょうで味をととのえたやつ
 
中華スープだな と感想をもらしたかと思えば
「よし、味噌いれて みそ汁にしよう」と提案される

スープの鍋にマルコメみそをどっさり溶いてやった
 

 
ひさしぶりに、仙台朝市へ
 
野菜をどっさり かつおの半身を買ってきた
これから かつおに粉をはたいて マリネをつくるつもり
 
いなくなったあとも「あれ、うまかった」って唾がじわっと出るような
おいしいごはんをつくって 記憶に刻んでやろう
言われっぱなしじゃくやしすぎる そういうのはしつこく忘れずにいる
 

 
木曜日の晩 仕事の帰り道 「ベルセルク」の新刊を
市民病院のとこのファミリーマートで立ち読みした

ああ、やっぱおもしろいなあ
はやく全巻そろえたいもんだよ
 
ファルネーゼのお母様のことばが とっても響いた
 
posted by 杜美 at 16:56| 宮城 ☔| Comment(9) | TrackBack(2) | びっくり、する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。